【難読漢字】「嬶天下」って読めますか?あなたの家庭もそうかもしれません...

【難読漢字】「嬶天下」って読めますか?あなたの家庭もそうかもしれません...

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2021/01/14
No image

もともとは上州の言葉でした

突然ですが、「嬶天下」って読めますか?

この漢字、家庭の「ある特徴」を表している言葉です。もとは上州(群馬)名物としてよく使われていたそうです。

No image

読み方はもうお分かりですよね?ただ、こう書くんだ!と驚いた方も多いかもしれません。

気になる答えは……。

答えは、「かかあでんか」でした。

No image

かかあ"てんか"と呼んでいた方も多いでしょうが、「でんか」がもともとは正しい読みのようです。

養蚕がさかんだった上州では、絹業の担い手だった妻のほうが妻よりも経済力が高い場合が多く、そこから転じて「妻に頭が上がらない夫(の家庭)」という意味になりました。

ちなみに「嬶」のもとになっているのは「いびき(口へんに鼻)」。「鼻息の荒い妻」という意味を表す漢字とされています。

もう一問やってみる:【難読漢字】「馴鹿」って読めますか?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加