大泉洋主演の映画コラボポスターに阪神・佐藤輝が登場「映画もホームラン級大ヒットを」

大泉洋主演の映画コラボポスターに阪神・佐藤輝が登場「映画もホームラン級大ヒットを」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/22
No image

映画「騙し絵の牙」と阪神タイガースのコラボポスター(C)2021「騙し絵の牙」製作委員会(C)阪神タイガース

プロ野球・阪神ドラフト1位の佐藤輝明内野手(21)=近大=が、映画ポスターに登場することが21日、分かった。3月26日に公開される俳優・大泉洋(47)主演の映画「騙し絵の牙」と、同日にセ・リーグ開幕を迎える阪神のコラボポスターに、矢野燿大監督(52)らと登場。広告出演はプロ入り後初で、ルーキーとしては異例の起用となる。

佐藤輝の“ポジション”はポスター最後列右端だが、注目度はひときわ輝く。配給する松竹の担当者は「注目されている佐藤輝選手がポスターに載っているだけでも、プレミアム感がある。打ちまくっている佐藤輝選手の勢いに乗って、映画もホームラン級の大ヒットを飛ばしたい」と、黄金ルーキーの宣伝効果に期待を寄せた。

「騙し絵の牙」は神戸新聞社出身の作家・塩田武士氏(41)が、大泉を主人公にあて書きしたベストセラー小説。映画「桐島、部活やめるってよ」、「紙の月」などの吉田大八監督(57)がメガホンを取り、大手出版社を舞台に、廃刊危機に陥った雑誌を巡り生き残りをかけた壮絶なだまし合いバトルが展開される。

公開日が開幕日とあって、虎党の宣伝担当者が昨年、球団に猛アタック。異例のコラボが実現した。作品名の「牙」から、昨季2位からの逆襲を期す「猛虎の牙」をイメージ。「逆転連発エンターテインメントである当作品と、今季は昨年の2位から逆転してほしいという阪神への思いを込めた」と説明した。

ポスターは3月1日から大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマほか7館で掲出され、「スポーツ界も大変だったと思う。畑違いだけど、盛り上げていけたら」(担当者)と、映画館からも球春ムードを高揚。作品同様、ペナントレースでも痛快な大逆転劇が期待される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加