巨人1位平内2発被弾5失点「これが1軍のレベル」

巨人1位平内2発被弾5失点「これが1軍のレベル」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

練習試合 ヤクルト対巨人 2回裏ヤクルト2死二塁、山田(手前)に左越え2点本塁打を浴びた平内(撮影・足立雅史)

<練習試合:ヤクルト5-10巨人>◇23日◇ANA BALLPARK浦添

巨人ドラフト1位平内龍太投手(22=亜大)が、プロの洗礼を浴びた。先発し、3回7安打5失点。予定していた5イニングを投げきれずにマウンドを降りた。

2回先頭、広岡に初球を左翼へソロ本塁打を浴びると、2死二塁から山田に抜けたスライダーを再度左翼へ運ばれ2ラン。甘い球を1球で仕留められ、「これがプロの1軍のレベルなんだと思いました。ああいう抜けた1球が本塁打まで持っていかれるのが超一流と呼ばれている人のレベルなんだと感じました」とプロの実力を肌で感じた。

この経験を糧にする。「制球力ももちろんですけど、1球1球のレベルを上げていかないとこのままじゃ無理だなと。たくさん反省が出たのが収穫。今後技術につなげていけるかというところですね」と開幕ローテ入りへ、前を向いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加