【府中牝馬ステークス】枠入り不良のシゲルピンクダイヤは1ヶ月出走停止、停止期間後に発走調教再審査

【府中牝馬ステークス】枠入り不良のシゲルピンクダイヤは1ヶ月出走停止、停止期間後に発走調教再審査

  • netkeiba.com
  • 更新日:2020/10/18
No image

シゲルピンクダイヤ(写真は2019年オークス出走時、ユーザー提供:モエロウエクラさん)

17日の東京11R・府中牝馬S(GII)は、1番シゲルピンクダイヤ(牝4、栗東・渡辺薫彦厩舎)の枠入り不良のため、発走時刻が3分遅延した。

シゲルピンクダイヤは10月18日から11月16日まで出走停止。停止期間満了後に発走調教再審査となる。

(JRAのホームページより)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加