キャディ、製造業向けSaaS提供開始。AI解析で図面を資産に、調達最適化や検索工数削減へ

キャディ、製造業向けSaaS提供開始。AI解析で図面を資産に、調達最適化や検索工数削減へ

  • Techable
  • 更新日:2022/06/23

キャディ株式会社(以下、キャディ)は、製造業の図面活用を支援するクラウドシステム「CADDi DRAWER(キャディドロワー)」を、6月22日(水)より正式に提供開始しました。

設計・調達・生産部門のコストを削減

No image

「CADDi DRAWER」は、図面データ活用による図面検索工数・調達原価削減を実現し、製造業のDXを支援するサービスです。

図面をアップロードするだけで図面内の部品名・材質・サプライヤーなどのテキスト情報に加え、図番・品番・材質・表面処理などの付帯情報を解析し、データ化します。

No image

AIを含む独自の画像解析アルゴリズム(特許出願中)による「類似図面検索」機能では、形状の特徴から類似図面を登録図面全体から検出し表示。これにより「類似図面が見つけられず、新図を書いてしまう」といった事態を防ぎ、製造現場の業務効率化を実現します。

そのほか、CADDi DRAWERは図面の属性値をキーとして、発注実績情報と図面を自動で紐づける機能を搭載。発注価格・発注サプライヤーなどの情報を図面データとあわせて参照することが可能なため、発注価格のブレをなくしてコストを削減できます。

データを「資産」として活用するために

製造業においてもデジタル化への対応が進み、さまざまな事業活動やモノづくりの情報がデータとして多くの企業に蓄積されている近年。

一方で、それらのデータが「資産」として日々の活動で価値を生み出す形で活用されておらず、新たな課題となっているようです。

なかでも図面は、製品設計・仕様伝達・原価計算・部品製造などで利用される、製造業のサプライチェーンのハブとなる最も重要なデータ。

No image

しかし、多くの企業で、膨大な量の図面が保管・管理されているものの、過去の図面やそこに紐づくデータへのアクセシビリティが低く、データ活用が難しい状況だといいます。

そんななか、キャディはデータを「資産化」するCADDi DRAWERを開発。同社は中長期的な目標として、製造業のサプライチェーン全体におけるデータ活用を可能にし、クオリティ・コスト・デリバリー(QCD)の改善や、経営のDXの支援を目指す方針です。

製造業の受発注プラットフォーム「CADDi」

キャディは、「CADDi DRAWER」の開発にあたって、既存事業である「CADDi」で培った高度な図面解析技術を活かしています。

CADDiは、産業機械装置メーカーやプラントメーカーを対象とし、板金・切削・製缶などの特注部品で構成される装置・プラント一式の一貫生産を担う受発注プラットフォーム。

独自開発の原価計算アルゴリズムに則った自動見積もりシステムにより、品質・納期・価格が最も適合する加工会社の選定を可能とします。

PR TIMES
CADDi DRAWER

(文・Haruka Isobe)

isobe

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加