阪神・岩崎に侍ジャパンの「責任感」「金メダルを獲得できるように100%の力を」

阪神・岩崎に侍ジャパンの「責任感」「金メダルを獲得できるように100%の力を」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/26
No image

中日・大野雄と談笑する阪神・岩崎(撮影・高石航平)

東京五輪に出場する野球日本代表「侍ジャパン」の直前合宿3日目(一般非公開)が21日、楽天生命パーク宮城で行われた。阪神から選出された岩崎優投手(30)はキャッチボールなどで調整した。

仲間たちとの交流は「自分から積極的にいく感じではないですけど…」と“人見知り”な左腕。それでも「康晃(山崎)とか由伸(山本)がよく声を掛けてくれるので、助かっています」と話した。

25日の強化試合・巨人戦(楽天生命)で“侍デビュー”する背番号13。「責任感というか、しっかりやらなきゃという思いが強いです。金メダルを獲得できるよう、また自分がその力になれるように、100パーセントの力を出せるように、しっかり準備していきます」と闘志を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加