バイエルン、キミッヒが新型コロナウイルス感染...一方でジューレ&スタニシッチが練習復帰

バイエルン、キミッヒが新型コロナウイルス感染...一方でジューレ&スタニシッチが練習復帰

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2021/11/26
No image

バイエルンは、ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒの新型コロナウイルス感染を明かした。

【動画】【GKメニュー】世界トップGKノイアーの練習をマルチアングルで

キミッヒは、FWエリック・マキシム・チュポ=モティング、FWセルジ・ニャブリ、MFジャマル・ミュージアラ、MFミカエル・キュイザンスと共にバイエルンでワクチン未接種の選手の1人。

さらに、今月8日にコロナ陽性判定となったDFニクラス・ジューレの濃厚接触者として隔離中だった。

そういった中、キミッヒは先日にニャブリとミュージアラが1回目のワクチン接種を受けたのに続き、ここに来てワクチン接種を受けることをようやく決断したという。だが、チュポ=モティングに続き、皮肉にも感染が発覚した。

なお、ワクチン未接種のキミッヒはここから最低14日間の隔離措置を取る必要があり、プレー再開にはその後にPCR検査で陰性を証明する必要がある。

そのため、今週末に開催されるブンデスリーガ第13節のビーレフェルト戦に加え、14節のドルトムントとのデア・クラシカー、チャンピオンズリーグ(CL)のグループ最終節のバルセロナ戦の3試合を少なくとも欠場することになる模様だ。

一方、バイエルンではコロナウイルスから回復した前述のジューレと、クロアチア代表DFヨシプ・スタニシッチがトレーニングに復帰を果たしている。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加