3・21後楽園で一騎打ちの竹下幸之介と高木三四郎がバチバチに火花。竹下「今まで戦ったどの高木三四郎よりも仕上がってた」【DDO】

3・21後楽園で一騎打ちの竹下幸之介と高木三四郎がバチバチに火花。竹下「今まで戦ったどの高木三四郎よりも仕上がってた」【DDO】

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2023/03/20
No image

「ドラマティック・ドリーム・オーニタ~DDO旗揚げ戦~」が3月19日、神奈川・鶴見青果市場で開催され、21日の東京・後楽園大会で一騎打ちに臨む竹下幸之介と高木三四郎がバチバチに火花を散らした。

前日の夜に米国から帰国したばかりの竹下はMAO、町田光と組み、高木、クリス・ブルックス、正田壮史組と対戦。最初で最後の前哨戦となった竹下と高木は序盤からエルボー、ラリアットを打ち合うなど激しい攻防を展開。場外戦に転じると、柱に頭をぶつけ合った。同じく、3・21後楽園でシングル戦を行う正田と町田も激しい打撃戦を繰り広げ、決戦に向け闘志を燃やした。最後は高木が竹下にスタナーを発射すると、正田がキックを連打。さらに侍ドライバー’01を狙ったところを、竹下が変形首固めで丸め込んで3カウントを奪取した。

バックステージで竹下は「今日、後楽園の前に出た理由は、ちゃんと高木三四郎が仕上がってるのかを確認する目的もあった。仕上がってるんじゃないですか? 僕も10年やってきたものをぶつけますし、僕がこうしてDDTのプロレスラーとしていられるのも高木三四郎がいてのものなので。感謝の気持ちをぶつけて、僕が勝ちたい。体力的な部分とかは今まで戦ったどの高木三四郎よりも仕上がってたと思います。遠慮なくいける。楽しみ、ワクワクしてます」とニヤリ。

No image

高木は「竹下と久しぶりに当たりましたけど、強さも感じたし、AEWで本当にすごくデカい存在になったと思いました。でも俺も負けてられないし、竹下が指名した使命も感じてます。どうしても竹下とシングルやるのは避けてた部分があったんですけど。竹下と一つの覚悟をもって戦います。(コンディションは)まだまだ上げます。あと2日で。マックスで上げる。でないと今の竹下には勝てない」と覚悟のほどを示した。

また、町田は「僕はキックボクシングの戦いしかできない。その僕がプロレスのリングで生き残るためには、今のままじゃいけないと思ってます。なので、未来のスーパースターになるであろう正田選手をぶっ倒したいと思ってます」と決意。

正田は「町田さんに、キックボクシングとプロレスは全然違うというのを、プロレスラーとして証明したい。町田さん、そんなに甘くはないですよ。僕はそれを練習生のときに痛感してるので。それをそのまんま、僕が感じた痛みを後楽園で与えたいなと思ってます」と話した。

hmotoyoshi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加