ソフトバンク鉄壁救援陣が投壊 勝負の5連戦初戦、痛すぎる黒星

ソフトバンク鉄壁救援陣が投壊 勝負の5連戦初戦、痛すぎる黒星

  • 毎日新聞
  • 更新日:2022/09/23
No image

プロ野球・ソフトバンク

○ロッテ6―3ソフトバンク●(23日・ペイペイドーム)

一発狙いを「解禁」 ソフトバンク・今宮 オールスター戦

延長十回。ロッテに6点目が入った直後、それまで食い入るように試合を見つめていたソフトバンクの本拠地のファンが次々と席を立った。

チームを支えてきた鉄壁のリリーフ陣が打たれ、まさかの敗戦。ソフトバンクにとっては勝負の5連戦の初戦で、痛すぎる黒星となった。

ソフトバンクは七回に柳田悠岐の2ランで1点をリードし、勝ちパターンの継投に入った。九回、抑えのモイネロが1死を奪い、勝利のムードが漂った。だがロッテ・中村奨吾への直球がど真ん中に入り、痛恨の同点ソロを浴びた。

悪い流れは止まらない。十回は松本裕樹が1死一、二塁のピンチを作ると、左打者の高部瑛斗に対して、ソフトバンクは「左キラー」の左腕・嘉弥真新也を投入。だがスライダーを適時三塁打にされて2点を失い、勝負は決した。

強さの原動力となってきた救援陣は、ここにきてモイネロが2試合連続で失点するなど不安要素も出てきている。藤本博史監督は「ここまでずっと抑えてくれた」とかばいつつ、「切り替えないとしょうがない」と言葉を絞り出した。【黒澤敬太郎】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加