【ペギーさんのおいしい台湾レシピ】台湾グルメの大定番!作りやすくアレンジした「ルーロー飯」

【ペギーさんのおいしい台湾レシピ】台湾グルメの大定番!作りやすくアレンジした「ルーロー飯」

  • レタスクラブ
  • 更新日:2022/09/23
No image

台湾グルメの大定番!「ルーロー飯」 / (C)ペギー・キュウ

【画像を見る】台湾料理の大定番といえば!ペギーさんが教える本場の「ルーロー飯」

台湾料理研究家として注目を集めるペギーさんが、日本の食材と調味料でつくる本場の味の台湾レシピをご紹介。アジアで大人気の旅行先、台湾での感激をおうちで再現できるんです!

本格派も納得のお味に仕上がりますが、作るのは簡単なのが嬉しいところ。

定番の味から屋台グルメにスイーツ等、大満足間違いなしのレシピをお送りします。おうちで海外旅行気分を味わいましょう!

〜〜

魯肉飯(ルーロウファン)

ルーロー飯

台湾グルメの大定番!

ルーロー飯は台湾人にとってもこだわりの強いメニューです。

私の好きなお店の味を作りやすくアレンジしました。

No image

台湾グルメの大定番!「ルーロー飯」 / (C)ペギー・キュウ

◆材料(4〜6人分)

豚バラかたまり肉(あれば皮つき)… 600g

グラニュー糖 … 大さじ2(あれば氷砂糖15g)

水 … 小さじ1

三温糖 … 大さじ3(あれば氷砂糖25g)

A

・しょうゆ … 80ml

・酒 … 1/2カップ

・オイスターソース … 大さじ2

・フライドオニオン … 40g

・白こしょう・五香粉 … 各小さじ1

・水 … 2カップ

ゆで卵 … 2個

ご飯 … 4杯分

◆作り方

1 豚バラかたまり肉を1.5cm幅にスライスし、さらに縦1cm幅の短冊状に切る。鍋にたっぷりの湯を沸かし、豚肉を15分ほどゆで、ざるにあげておく。

2 鍋にグラニュー糖と水を入れて火にかけて溶かし、キャラメル状になったら一旦火を消す。鍋に1と三温糖を加えてよく混ぜ合わせる。三温糖が溶けたらAを入れて火にかける。沸騰したら弱火にし、ふたをして約1時間煮る。浮いた油を半分ほどとり、ゆで卵を加え20~30分煮る。(汁けが多い場合はふたを開けてさらに10分ほど煮る)

3 器にご飯を盛り、2を汁ごと、卵は横半分に切ってのせ、きゅうりの甘酢漬けを添える。

【好吃 MEMO】

台湾では必ず皮付き肉を使うのでコラーゲンのとろみがつきます。オイスターソースは牡蠣の風味が控えめのものを選ぶとよいでしょう。氷砂糖には味をまろやかに、ツヤツヤの照りを出す効果があります。皮付き肉と氷砂糖を使えば本場の味にぐっと近づきますよ。

きゅうりの甘酢漬け

◆材料(2人分)

きゅうり(ごく薄い輪切り)… 1本

塩 … 小さじ1

グラニュー糖 … 大さじ1

酢 … 大さじ1/2

◆作り方

1 きゅうりは塩をふってもみ、10分ほどおいたら水洗いし、しっかりと水けを絞る。

2 1に砂糖、酢を入れてあえる。

レシピを参考にするときは

・火加減は、特に表示のない場合は中火です。

・砂糖は主にグラニュー糖と三温糖を使い分けています。三温糖はグラニュー糖で代用できます。上白糖を使う場合はレシピ表記の8割の量を使用してください。

・青ねぎとあるのは、葉の緑色の部分が多い葉ねぎをさします。九条ねぎやわけぎなどを使ってください。

・フライドオニオンは、台湾の食材、油葱酥(フライドエシャロット)の代用です。油葱酥があれば、こちらを使ってください。

・タピオカ粉がない場合、揚げ物の衣に使う粉は小麦粉でも代用できますが、食感など多少の違いがあります。ただし、一部表記のある料理は片栗粉で代用してください。

・彩り用の野菜は、好みで加えたり添えたりしてください。

〜〜

台湾で育ったペギーさんが、日本の調味料と食材で作った本場の味。ぜひ真似してみてください!

作=ペギー・キュウ

※本記事はペギー・キュウ著の書籍『日本の調味料と食材で作る ペギーさんのおいしい台湾レシピ』から一部抜粋・編集しました

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加