群馬県・山本知事、“魅力度”調査会社の反論は「説明になっていないと思う」 法的措置は「信憑性を考えてもらう選択肢の一つ」

群馬県・山本知事、“魅力度”調査会社の反論は「説明になっていないと思う」 法的措置は「信憑性を考えてもらう選択肢の一つ」

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2021/10/14
No image

群馬県の山本一太知事は14日、「都道府県魅力度ランキング」で44位(去年40位)になったことに対して、法的措置を検討するなどと不快感を示していたことについて、あらためて会見で考えを述べた。

【映像】“魅力度ランキング”に知事があらためて反論

山本知事は「過去の会見でも申し上げたとおり、ランキングそのものを否定するつもりはない。世の中には様々なランキングがあって、これはいろいろなランキングがあっていいと思う」と前置きしつつ、「それなりに根拠のあるいいランキングだったら、そこからいろんなことを学んで、例えば『もっと伸ばしていこう』みたいな前向きな考え方ができればと思う」と説明。

問題視しているのはランキング自体ではなく、その中身だという。群馬県が統計の専門家と検証したところ、下位25県が7点差の中に収まっており、これは誤差の範囲だとの指摘があったということだ。

この点について、記者から「群馬の点数は上がっているので、下がったというよりは他が相対的に上がったということ」と調査元のブランド総合研究所の反論を投げかけられると、「上がった理由はわからないし、我々は誤差の範囲の7点というものが、何で上がって下がっているのかもまったくわからない。それはぜんぜん説明になってないと思う。判断するための基準を公開していないので、ちゃんとしたランキングとはとても言えないと思っている」と答えた。

山本知事が法的措置を検討するとしたことで、「激怒」と表現する報道もあったが、それに対しては「冷静にコメントしたことはわかっていただければと思う」と指摘。その上で、「法的措置をすると決めたわけではない。発表することを押さえつけるような話ではなくて、皆さんにこのランキングの信憑性をもう一度考えてもらうという意味の選択肢の一つとして、今検討しているということだ」とあらためて主張した。(ABEMA NEWS)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加