【山口】地域の活性化を目指して... 学生や社会人がシェアハウスでの共同生活を通じて地域課題やキャリア形成を学ぶ

【山口】地域の活性化を目指して... 学生や社会人がシェアハウスでの共同生活を通じて地域課題やキャリア形成を学ぶ

  • KRY山口放送
  • 更新日:2023/03/19
No image

山口市でシェアハウスでの共同生活を通して地域活性化に取り組む学生や社会人たちの発表会が19日、開かれた

山口市でシェアハウスでの共同生活を通して地域活性化に取り組む学生や社会人たちの発表会が19日、開かれた。

山口市のKDDI維新ホールで行われたアカデミーハウスの発表会。アカデミーハウスでは地域に貢献できる人材育成を目的に学生から社会人までの様々な立場の人が1年間の共同生活を通して地域課題の解決とキャリア形成に取り組むシェアハウスをおととしから運営している。

発表会では、今年度の受講生14人が3つのグループに分かれて1年間の活動を報告。グループの1つは廃棄される野菜を活用して山口市の和の魅力を発信するプロジェクトを発表した。

(アカデミーハウス受講生)

「せっかく作られた野菜の多くが価値を失ってしまっている現実がある。これらの服はすべてタマネギの皮を使用して染色したものになる」

社会課題の解決を目指して1年間取り組んだ受講生たち。アカデミーハウスでは来年度の受講生を募集している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加