KDDIが水空合体ドローンを開発 ‐ 自律飛行し遠隔で水中点検が可能

KDDIが水空合体ドローンを開発 ‐ 自律飛行し遠隔で水中点検が可能

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/10
No image

KDDI、KDDI総合研究所、プロドローンは6月10日、「水空合体ドローン」を開発したと発表した。モバイル通信で自律飛行するドローンが水中ドローン (子機) を搭載し、水中での測位や遠隔操作および映像伝送ができる「水空合体ドローン」の開発は世界で初だという。

KDDI、ドローン目視外飛行をユーザー自身で運用可能とするサービス

【関連記事】
≪近畿大とドコモ、ドローンで屋内と屋外を自動巡回する実証実験に成功≫
≪ドローンを活用した風力発電機の自動点検-KDDIなどが実証実験≫

本機体は、KDDIのモバイル通信による目視外自律飛行、遠隔監視制御を実現するためのプラットフォームの活用により、船を出すことなく、点検場所までドローンが自律飛行し、着水後に水中ドローンを分離し、遠隔で水中の点検が可能。

タブレットによる遠隔操作で、飛行、着水、分離、潜航、浮上、回収、帰還といったドローンの一連の動作を制御できる。水中の子機の位置はKDDI総合研究所独自の音響計測技術で測定し、映像がリアルタイムで操作者へ伝送される。

同機体はダム・港湾設備点検や水産漁場監視などにおける省人化・安全確保の実現を目的としたもので、湖沼や海中での作業などの分野でドローンの新たな市場の創出が期待される。3社は5月31日に同機体の技術実証を完了させており、今後、2021年度中に各用途に応じた実証を行い、2022年度の商用化に向け開発を進める方針だ。

早川竜太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加