浅野拓磨の電撃退団にクラブが反論。「事実無根で脅迫的」とFIFAへ訴える意向

浅野拓磨の電撃退団にクラブが反論。「事実無根で脅迫的」とFIFAへ訴える意向

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/05/02
No image

【写真:Getty Images】

セルビア1部のパルチザン・ベオグラードに所属していた日本代表FW浅野拓磨は、給与未払いなどを理由に同クラブとの契約を解除したことを発表した。これに対しクラブ側は、浅野の契約不履行であるとして法的措置を取る姿勢を表明している。

浅野は2日に自身の公式ブログやSNSで、クラブ側からの度重なる給与未払いや「不誠実な対応」を理由に契約を解除したと発表。今季チーム最多の公式戦21得点を挙げるなど中心選手として活躍していた浅野の電撃退団は大きな衝撃を引き起こした。

クラブは公式ウェブサイトに浅野の退団に関する声明を掲載。浅野はクラブとの間に交わしていた契約に違反し、自らの意思のみで一方的にクラブを去ったと主張している。

「契約条項に違反する、根拠のない退団」であるとして、クラブは「あらゆる法的措置」を取る意志を表明。国際サッカー連盟(FIFA)の担当機関にも訴える姿勢を見せた。

浅野が「性急に行動したことは明らか」とクラブは述べ、「彼にそうする権利があると吹き込んだ何者か」が背後にいると主張。給与未払いなどを訴えた浅野の声明は「事実無根で脅迫的」であるとして認めないという態度を取っている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加