【巨人】原監督ヒヤヒヤ節目勝利「最後までミスターがよく言っていたように」増田大輝の落球語る

【巨人】原監督ヒヤヒヤ節目勝利「最後までミスターがよく言っていたように」増田大輝の落球語る

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/06
No image

監督通算1200勝を達成し、記念のボードを手にする巨人原監督(撮影・菅敏)

<ヤクルト2-3巨人>◇6日◇神宮

巨人原監督がヒヤヒヤの展開で史上10人目の監督通算1200勝に到達した。

1点リードの9回2死一塁、中堅への飛球を、増田大がグラブに当てて落球。手をたたく寸前だった指揮官は、すぐに厳しい目に戻った。続く一、三塁のピンチを脱し「最後まで、ミスターがよく言っていたように『(勝負は)げたをはくまで(わからない)』ってね。しっかりと見届けようと見ていたら、ああいうことが起きたということ。よくカバーしましたね」と言った。大台到達には「毎回毎回で申し訳ないけど、また明日になればね、同じ心境の中で、朝を迎えてユニホームを着るでしょう」と一戦必勝を期した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加