TOKIO・松岡昌宏、外出自粛中の“悩み”は体型維持!? 「スカートが入らなくなったら困る」と『ミタゾノ』撮影を心配

TOKIO・松岡昌宏、外出自粛中の“悩み”は体型維持!? 「スカートが入らなくなったら困る」と『ミタゾノ』撮影を心配

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2020/05/14
No image

TOKIOの冠番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)が5月13日に放送された。この日は「今回はイケメンたちの恋愛SP」として、過去に出演したイケメン俳優による恋愛トークの総集編が放送され、TOKIOからは城島茂のみが登場し、一人でVTR振りなどを行った。

いつものスタジオではなく、会議室のような場所で収録を行っていた城島。カードによる指示で川柳を作ったり、トレードマークであるリーゼントヘアのスタイリングの様子を披露していたが、「寂しい」という理由からアポなしでメンバーに電話をかけてみることに。早速、松岡昌宏に電話すると、第一声は「何?」と不機嫌そう。城島が「今ね、『TOKIOカケル』の総集編のちょうどO.A.中」と告げると、松岡は「O.A.中!?」と驚愕していた。「『メンバーが今何をしている?』って電話のコーナーで電話してみたんですけど、どんな状況かと思いまして」と質問する城島に、松岡は「大きなお世話だよ!」とぴしゃり。城島は苦笑いを浮かべながら、「そう言わないでよ、寂しいのよ~。メンバーと会ってないからさ」と心情を吐露し、松岡は「フッフッフッ」と不敵な笑い声を出していた。

しかし、松岡は城島の質問にはちゃんと答え、「いまドラマ中なんですよ、撮影ストップしてるけど」と自身が主演を務めるドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)に言及。城島が「そうだよね、どうなってんのかな? って思った」と話すと、女性役を演じている松岡は、「体形維持というか、(衣装の)スカートが入らなくなったら困る」と、外出自粛期間に太ってしまうことが悩みの種だと告白。これに二人は爆笑しながら、城島が「リアルな(悩み)!」とツッコむと、松岡は「本音ですね」と苦笑いしていた。

その後、城島は国分太一に電話をかけることに。「最近どうなんですか?」と聞くと、国分は「家は家でむちゃくちゃ忙しいんだよね。まず中心が育児になるでしょ。その間にテレワークして」と育児に励んでいると明かした。さらに国分は、「(リーダーは)育児どうなの?  大丈夫なの?」とパパになったばかりの城島に逆質問。城島は「いや、大変ね。確かに」と苦笑いし、「あらためて思うけど、自分の親ってすごかったんやな」と親のありがたみを実感したと語っていた。一方、国分は「リーダーなんてもうさ、『高い、高い』とかできないでしょ? 男の子なんかむちゃくちゃ大変だと思うよ!」「うちは女の子だからまだいいけどさ」と指摘。さらに、と父親モード全開の国分は、「もうそろそろお風呂入れなきゃいけない時間だから」「まあ、元気でやってるよ」と言いつつ、電話を切っていた。

残念ながら長瀬智也とは電話がつながらなかったが、この日の放送に視聴者からは、「スカート入らなくなったら困るは本当にリアル」「太一くんがめっちゃお父さんモードでほっこりした」「たまにはこういう電話企画もいいね!」という声が集まっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
とある理由でウサギのお面を取りたくない転校生の少女。しかし、いじめっ子が無理やりお面を剥がしてしまい......
御伽樒、ピチピチ体操着から“ほぼ生おっぱい”大解放 雑誌グラビアデビュー決定に高まる期待感!
新谷真由、ふんわりバストがSEXYな白ビキニ披露
山口百恵サブスク解禁 引退40年も色あせない記憶と記録
w-inds.の緒方龍一が心身症で電撃脱退 芸能界引退へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加