コールマンのランタンおすすめ10選!LED・ガス・ガソリン?選び方を徹底解説!

コールマンのランタンおすすめ10選!LED・ガス・ガソリン?選び方を徹底解説!

  • MONEY TIMES
  • 更新日:2022/11/25

ランタンとは壁などに掛けて使用したり手で持って使用したりできる照明器具で、キャンプなどで用いられてます。この記事ではキャンプ用品メーカーとして名高いコールマンのおすすめのランタンを厳選してご紹介していきます。また、ランタンの種類やコールマンのランタンの選び方についてもまとめているので、興味のある方はぜひご覧ください。

■コールマン(Coleman)のランタンが人気の理由

No image

(画像=『工具男子』より引用)

ランタンとは掛けたり提げてたり使える吊り下げ式移動照明器具のことで、様々なメーカーから販売されています。なかでも、アメリカのキャンプ用品の製造・販売メーカーであるコールマンが手掛けるランタンは人気が高く、多くのキャンパーから支持されています。ここでは、コールマンのランタンが人気の理由について詳しく解説していきます。

コールマンのランタンの魅力の一つにあげられるのが種類の多さです。コールマンでは、電池式・ガスタイプ・ガソリンタイプなど様々な種類のランタンを取り扱っており、自分の好みにあったタイプを選べます。また、デザイン性や機能性の優れているところもコールマンのランタンが人気の理由です。

■ランタンの種類

No image

(画像=『工具男子』より引用)

照明など少ないキャンプ場で明かりを灯してくれるランタンには、いくつかの種類があります。それぞれ特徴が違うのでうまく使い分けるのポイントです。ここからは、ランタンの種類をご紹介していきます。

初心者でも扱いやすくテント内でも使用できるなど安全性に優れているのが「LEDタイプのランタン」です。アルカリ電池や充電式で使えるため、あまり燃料コストがかかりません。また、比較的安価で懐中電灯の代わりに使えたり光の色を変えたりできるなど種類が多いのもLEDタイプの魅力です。難点には、ほかのタイプのランタンと比べると光量が小さいことがあげられます。

ガスを燃料としている「ガスランタン」は、LEDよりも光量が大きいのため夜のテントサイトを明るく灯してくれます。また、キャンプで使用するストーブやバーナーなど同じ燃料で使えるのところも魅力のひとつです。ただし、テント内では使用できない・燃料時間が短い・光量が安定しないといった欠点もあります。

No image

(画像=『工具男子』より引用)

「灯油ランタン」は、ガソリンスタンドなどで購入できる灯油を燃料としています。ガスを燃料とするランタンによりもコストを抑えることができます。また、暖房としての役割を果たすところも灯油ランタンの魅力です。しかし、点火に知識が必要になるところやメンテナンスに手間がかかるといった難点があります。

ホワイトガソリンを燃料とするのが「ガソリンランタン」です。ほか3種類と比べると最も光量が大きく、寒い季節でも安定して使えるところが魅力です。ただし、使用するのに手間がかかるほかメンテナンスも必要になるため、初心者利用には適していません。また、ガスランタン同様にテント内では使用できないところや本体価格が高いところがデメリットにあげられます。

■コールマンランタンの選び方ポイント

No image

(画像=『工具男子』より引用)

手軽に使えるLEDタイプからキャンプ上級者におすすめのガソリンタイプまで種類が豊富に揃っているコールマンのランタンですが、どのような点に注意して選べば良いのでしょうか?ここからは、コールマンのランタンの選び方のポイントをチェックしていきましょう。

先程解説したように、ランタンにはLED・ガスタイプ・ガソリン・灯油タイプといった種類があります。テント内で使用するならLEDランタン、キャンプサイト全体を照らすメインランタンとして使用するなら光量の大きなものというように、使いやすさや連続点灯時間・明るさなどを考慮して使用する場所や状況に合ったものを選ぶようにしましょう。

■コールマンのランタンおすすめ10選

No image

(画像=『工具男子』より引用)

●おすすめ①コールマン マルチパネルランタン LED

No image

(画像=『工具男子』より引用)

コールマン マルチパネルランタン LED
サイズ:約直径14.5×23.5(h)cm /重量:約1.2kg 使用電源:アルカリ単一形乾電池×4本または8本(別売) 使用バルブ:LED

おすすめのコールマンのランタン1つ目にご紹介するのは「コールマン マルチパネルランタン LED」です。このランタンは4つに分割する発光パネルを搭載しているので、明るさが最大約800ルーメンあり夜のキャンプサイトを明るく照らしてくれます。

発光パネルはマグネット式で簡単に着脱できるため、懐中電灯のように持ち運んで使用したりテント内でナイトライトとして使用したりと様々な使い方ができます。また、USB充電ポート付でモバイル機器の充電ができるところもコールマン マルチパネルランタン LEDの魅力です。

●口コミ

災害に備えて購入したついでに、夜釣りに持っていきました!明るいし、パネル外せて家族でそれぞれに持ち歩く事も出来るしとても良くできてると思います!!。引用:Amazon

キャンプにとても便利。明るさが調整でき、一番強いのがかなり明るいです。パネルもバラして使えるので、トイレに行く時に便利。バッテリーは思った以上に持続時間が長い。買ってよかったです。引用:Amazon

●おすすめ②コールマン ワンマントルランタン

No image

(画像=『工具男子』より引用)

コールマン ワンマントルランタン
明るさは200CP、気温の変化に強いホワイトガソリン燃料使用。

おすすめのコールマンのランタン2つ目にご紹介するのは「コールマン ワンマントルランタン」です。気温の変化に強いホワイトガソリンを燃料とするランタンで、1985年の発売以来、多くのユーザーから支持されています。200CP(130W相当)の明るさがあり、LEDランタンでせない空間を作り出します。約590ccの燃料で7時間半から15時間、連続使用できるので長い夜でも安心です。

●口コミ

やっぱりLEDでは雰囲気でないので、ガスランタンを探していて、評価の高かったこちらを購入。少し手間はかかるが(空焼きやポンピングなど)、慣れればスムーズに点火できる。自宅の保管の際もインテリアになるのでおすすめ。引用:Amazon

今までLEDランタンでしたが、ガソリンランタンの灯りはとても優しく思わず眺めてしまいます。音も働いてる感があります。確かに手順、操作はありますが、それが味であり楽しみです。メンテをすれば一生モノ。引用:Amazon

●おすすめ③コールマン デラックス パーフェクトフロー ランタン

No image

(画像=『工具男子』より引用)

コールマン デラックス パーフェクトフロー ランタン
ダブルマントルランタン 光度調整機能付き 日本未発売

おすすめのコールマンのランタン3つ目にご紹介するのは「コールマン デラックス パーフェクトフロー ランタン」です。プロパンバスを燃料としているランタンで、16.4ozのプロパンガス利用で7時間半から13時間連続使用できます。

ランタンの発光部分が2つ付いているので、1000ルーメンもの明るさがるあるところや本体に設置されたダイヤルを回すと明るさの調整ができるところがポイントです。日本ではまだ未発売なのでキャンプ場などで注目されるはずです。

●口コミ

コールマンのガス缶470gとキャンピングムーンのアダプタで使用しています。明るさに関しては4-5人のキャンプで使用していますが、ツーマントルなこともあり十分です。引用:Amazon

●おすすめ④コールマン CPX 6 クラシック LEDランタン

No image

(画像=『工具男子』より引用)

コールマン CPX 6 クラシック LEDランタン
単一電池 4本使用 (付属していません。)2段階の光度調整機能付き 並行輸入品のため、日本語説明書は付属しておりません。日本未発売

おすすめのコールマンのランタン4つ目にご紹介するのは「コールマン CPX 6 クラシック LEDランタン」です。最大400ルーメンの明るさをもつLEDタイプのランタンで、2段階の調光機能が付いており状況に合わせて明るさが調整できます。連続点灯時間が70時間あるので、キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンだけでなく、緊急時の非常灯としても活躍します。

●口コミ

とても可愛い赤でとても気に入りました。一つだけでは少し暗い様にも感じました。置いているだけで華やかになるので、大変良いと思います。引用:Amazon

●おすすめ⑤コールマン ハンギングEライト ランタン

No image

(画像=『工具男子』より引用)

コールマン ハンギングEライト ランタン
使用サイズ:直径7×5(高さ) cm、本体重量:約130g、 リチウムイオン電池 (内蔵・交換不可)

おすすめのコールマンのランタン5つ目にご紹介するのは「コールマン ハンギングEライト ランタン」です。小ぶりで丸みのあるフォルムにメタリック風のレッドが目を引くLEDライトで、ウォームカラーの明かりがテント内をやさしく照らしてくれます。また、Highモードにすれば250ルーメンの明かりで足元が照らせるほか、マグネットが付いてポールにもランタンを取り付けられるのが魅力です。USB充電ポートも搭載されているので、携帯が充電できます。

●口コミ

小さいのでポケットに入れて持ち歩けます。また充電端子がついているので、スマホの急な充電などにも便利。明るさは電球色のホッコリした明かりです。引用:Amazon

いろんなランタン試したけど、このバッテリーの持ちの良さ、No. 1‼︎釣り場では他の人たちにまで役に立ってるから驚く。買って使えば意味がわかる。最高としか表現出来ない‼︎。引用:Amazon

●おすすめ⑥コールマン 2500 ノーススター LPガス ランタン

No image

(画像=『工具男子』より引用)

コールマン 2500 ノーススター LPガス ランタン
LPガス
日本正規品

おすすめのコールマンのランタン6つ目にご紹介するのは「コールマン 2500 ノーススター LPガス ランタン」です。LPガスを燃料とするランタンで、320CPの大光量でキャンプサイトを明るく照らしてくれます。470gのLPガス1缶で、4時間~8時間ほど連続使用できます。イグナイター(点火装置)が内蔵されているので、着火がスムーズに行えるほか持ち運びに便利なソフトケースも付属されています。

●口コミ

マントルの取付けも簡単で、初心者にも使いやすいと思う。燃料もガスなので白ガソリンより事故の確率はひくいと思う。明るさは大満足です。引用:Amazon

ガスランタンは初めての購入でしたが、ホワイトガソリンのタイプに引けを取らずに、とても明るく、安定した明るさでした。購入して良かったと思える商品です!。引用:Amazon

●おすすめ⑦コールマン プレミアム パワーハウス デュアルフューエルランタン

No image

(画像=『工具男子』より引用)

コールマン プレミアム パワーハウス デュアルフューエルランタン
燃料容量:2パイント サイズ:15.88 “X 7.75” X 7

おすすめのコールマンのランタン7つ目にご紹介するのは「コールマン プレミアム パワーハウス デュアルフューエルランタン」です。ホワイトガソリンとレギュラーガソリンの両方が使えるランタンで、マントルが2つ搭載されているので800ルーメンの大光量を放つことができます。タンクを満タンにすれば、およそ20時間連続して使えるので燃料切れを心配する必要がありません。

●口コミ

明るいです。レギュラーガソリンで使ったことはありませんが、使っているバーナーがガソリンなので、燃料一本化出来てありがたいです。引用:Amazon

キレイなシルバーとガンメタの間ぐらいのキレイな色味でした。ヒューネルファネルも買う予定でしたが付属品に入ってたからラッキーでした。天災が多い時代やしガソリンタイプも視野に入れるのもありかと思います。引用:Amazon

●おすすめ⑧コールマン バッテリーガード LED 200 ランタン

No image

(画像=『工具男子』より引用)

コールマン バッテリーガード LED 200 ランタン
本体サイズ:約直径7.4cm×12.6(h)cm 重量 : 約180g

おすすめのコールマンのランタン8つ目にご紹介するのは「コールマン バッテリーガード LED 200 ランタン」です。コンパクトでありながら200ルーメンの明るさをもつLEDランタンで、温かみのあるウォームカラーを採用しています。やさしい明かりでテント内を照らしてくれるので、キャンプでの利用はもちろんフェスなどの利用にも最適です。消灯中の過放電を防ぎ、電池を長持ちさせるバッテリーガードも搭載されています。

●口コミ

缶ジュースくらいのサイズで、オンオフもワンタッチのため簡単に使えます。サイズからしたら十分な明るさなので、サブの照明なら良いかと思います。デザインも良いです。引用:Amazon

最初小さいと思いましたが、アルカリ乾電池を入れてスイッチを入れるとサイズ感を忘れるぐらい明るくて良いです。収納も楽で良いです。引用:Amazon

●おすすめ⑨コールマン ノーザンノバ ランタン

No image

(画像=『工具男子』より引用)

コールマン ノーザンノバ ランタン
サイズ:約40×35×45(高さ)cm
収納サイズ:約20×19×29(高さ)cm
重量:約 1.9kg

おすすめのコールマンのランタン9つ目にご紹介するのは「コールマン ノーザンノバ ランタン」です。コールマン史上最高の明るさ(約3000ルーメン)をもつランタンはLPガスを燃料としています。30m以上先まで照らせるので、これ1台でキャンプサイト全体を明るくしてくれます。スタンドを立てれば地面に直接置いて使うこともできます。収納・持ち運びに便利なソフトケースも付いています。

●口コミ

初めてのガスランタンでマントル付けにはちょっと苦戦しましたが、点火したらかなり明るくて満足です!見た目のイカツい感じも、ガスの音も、温かさも、最高です!。引用:Amazon

明るくて自立するので使いやすい。ただ、足が広いので乗せたかった所には乗らなかった。チェーンも長すぎるので、カットして短くカスタムしましたが、とても良いランタンです!。引用:Amazon

●おすすめ⑩コールマンノーススターチューブマントルランタン

No image

(画像=『工具男子』より引用)

コールマンノーススターチューブマントルランタン
サイズ: 約直径17.3×34.3(h)cm 本体重量: 約1.8kg

おすすめのコールマンのランタン10こ目にご紹介するのは「コールマンノーススターチューブマントルランタン」です。ホワイトガソリンを燃料とすランタンで、ホワイトガソリン仕様初の点火装置が付いています。燃料が満タンの状態なら、7時間~14時間連続して明かりを灯すことができます。230Wの明るさがあるので、メインランタンとしても活躍します。

●口コミ

ランタンの性能は素晴らしいの一言。明るさ。雰囲気。使いやすさ。どれをとっても素晴らしい。一番の問題点はシーズンオフごとに手入れができるか、、、そこが重要。引用:Amazon

コールマンランタンの最上位だけあって丈夫で明るい。キャンプと氷上ワカサギ釣りに一年中活躍してます。特にワカサギ釣りでは、照明、暖房、調理器具にして使ってます。引用:Amazon

■コールマンランタンでキャンプの雰囲気が一段アップ!

No image

(画像=『工具男子』より引用)

ランタンとは壁に掛けたり・手に持って使用したりできる吊り下げ式移動照明器具のことで、キャンプなどでも使用されています。今回は、キャンプ用品メーカーとして名高いコールマンから販売されているおすすめのランタンを厳選してご紹介するとともに、ランタンの種類やコールマンのランタンの選び方についてまとめてみました。

コールマンのランタンは種類が豊富で、多くのキャンパーが利用しています。ここで、ご紹介したことを参考にお気に入りランタンを見つけてキャンプサイトを明るく照らしてみましょう。

提供元・工具男子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加