61歳ゴージャス松野 肉体美V逃すも意気盛ん 来年はプロレスも本格復帰へ

61歳ゴージャス松野 肉体美V逃すも意気盛ん 来年はプロレスも本格復帰へ

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/11/25
No image

ゴージャス松野(写真提供・榎本高志)

プロレスラーでタレントのゴージャス松野(61)が、肉体美を競う「ベストボディ・ジャパン」の日本大会(23日、東京・両国国技館)で行われたモデルジャパン部門レジェンドクラス(60歳以上)で4位に終わった。準優勝に終わった昨年以上の結果を目指していたが、かなわなかった。

松野は「いろいろあって4位なんで。最初は予選も厳しいかなという感じだったので非常によかったなという思いと、コンテストはステージの上での勝負なんで、出る以上は昨年より上を目指すわけであって、そういう意味では完敗でしたね」と素直に負けを認めた。

8月にパートナーで歌手の田代純子がANCA関連血管炎に伴う急速進行性糸球体腎炎を発症したため、自身がドナーとなり生体腎移植手術を受ける予定だった。しかし直前になって田代の血液検査の数値が良化したため来年4月に延期となった。そこで手術を行うか、それとも再延期するかは来年1月に決める。「いつ手術になるか分からないけど、来年も出場できる状況にあればもちろんグランプリを目指して頑張ります」と闘志は全く衰えていない。

今月からは約8か月ぶりにプロレスにも復帰し、コンテスト前日も高梨将弘自主興行に出撃した。「プロレスに関しては体重が落ちちゃったので、スタミナとかがキツかったのですが、それもだんだん回復しています」

2022年も残すところあと1か月。松野、田代にとって激動の一年だった。「ジェットコースターみたいな一年でした。いろいろあって楽しかったですよ。いろいろなことを経験させていただいた。とりあえず健康な状態を一日でも保てるように頑張っていきたい。その上で仕事の方でも、地元福島でのプロレス興行を3回延期していて、還暦大会もデビュー20周年大会もできなかったので、来年こそ状況が許せば大きな大会『ゴージャスナイト』をやりたいですね。田代も新曲を出すくらいの勢いで頑張ってもらいたい」と意気込んだ。

東スポWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加