大激戦「日本ダービー」は切れ味抜群のシャザーンが大化けする!(3)3番人気以下ならタスティエーラで全力勝負

大激戦「日本ダービー」は切れ味抜群のシャザーンが大化けする!(3)3番人気以下ならタスティエーラで全力勝負

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2023/05/26
No image

水戸 では、キャプテンの本命にいこうか。

【関連記事】大混戦「日本ダービー」的中座談会(2)キラーアビリティは東京のほうが爆発する

渡辺 最終的には「ウイニング競馬」(テレビ東京)で発表しますが、現時点では、デビュー以来、相当強いと思っている皐月賞2着のタスティエーラにします。ソールオリエンスが圧倒的な人気なら、こっちの逆転を考えたい。レーン騎手とも手が合いそうですし、馬単なら配当も期待できそうですからね。それに皐月賞では唯一、先行した馬の中で馬券に絡んでいる。ソールオリエンスが後ろからの脚質なので、好位で競馬ができるこっちのほうが有利でしょう。

松中 私は対抗ですね。皐月賞までは勝負どころで集中力に欠けるというか、ちょっとフワフワしたところがあったんですけど、馬具をくふうしてきて、それがすごくいい方向に出たなって思ってます。

水戸 まあ、争覇圏内の馬だし、私も△は打つけど、上位人気になるだろう。

渡辺 でしょうけど、もし3番人気以下なら全力勝負です。青葉賞を勝ったスキルヴィングが2番人気になるんですかね。それよりは強いと思っているので。

松中 でも青葉賞では、ここというタイミングでルメール騎手の指示に反応して余裕がありましたし、やっぱりスキルヴィングは強いなって。私はソールオリエンスと“キタサンブラック産駒のワンツー”もあるとみています。

水戸 名手・ルメールとのコンビだし、まあ、軽視はできないよな。

渡辺 僕はタスティエーラとソールオリエンスが中心になるので、その他の人気馬は軽視して(笑)、あと1頭、穴馬を探す作業です。その筆頭がパクスオトマニカ。これは逃げ馬というだけで注目に値すると思っています。プリンシパルSは上り2位を記録しての完勝。正直、ダービーで逃げ切るのはキツイと思いますけど、みんな後ろのソールオリエンスを気にした競馬をすれば、あれよあれよと馬券圏内に残るかも。

松中 私はその馬より能力は高いけど皐月賞10着で人気が落ちるベラジオオペラや、大崩れのないサトノグランツを狙いたいですね。

渡辺 ホント、みなみちゃん攻めてるよね(笑)。あと、僕の中では本命までありかも、と考えているドゥラエレーデ。この馬、よくわからんのですよ。

松中 今年のダービー最大の惑星かも(笑)。

水戸 ダートの未勝利戦で勝ち上がって、いきなり芝の重賞(東スポ杯)で差のない4着。そしてホープフルSを勝ったGI馬。前走はダート1900メートルのUAダービーで2着しているけど、芝適性があることは血統からも間違いない。

松中 今回は坂井瑠騎手が騎乗。なんか今年は乗り替わりの馬が多いですね。

渡辺 実はこの馬、デビューから6戦、すべて違う騎手が乗っているから、乗り替わりに慣れている可能性すらある(笑)。

松中 ハハハ、確かに。

水戸 まあ、週末の天気や馬場状態、枠順、調教など最後まで吟味して、一発ドカンと当てたいな。

渡辺 ですね!

松中 頑張ります!

キャプテン渡辺:ピン芸人。競馬歴は28年目。テレビ東京「ウイニング競馬」に出演中。著書「神の馬券術~年間収支をプラスに変える43の奥義~」(KADOKAWA)が好評発売中。

松中みなみ:タレント。競馬歴は13年目。19年の有馬記念で帯封をゲットしたほか、今春の桜花賞、ヴィクトリアMでも万馬券的中と絶好調。「サンスポZBAT!競馬」で予想を公開中。

水戸正晴:サンケイスポーツ記者。競馬記者歴は49年目。5月14日東京12Rで馬単10万円馬券を的中させるなど、数々の超大穴をヒットさせている。週刊アサヒ芸能「絶対万券論」を執筆中。

アサ芸プラス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加