ANA、セブンイレブンの商品をドローン配送 東京都日の出町で実証実験

ANA、セブンイレブンの商品をドローン配送 東京都日の出町で実証実験

  • Traicy
  • 更新日:2021/11/25
No image

ANAホールディングスとセブン-イレブン・ジャパン、ACSLは、ドローン配送サービスの本格運用に向け、人口集中地区を含む郊外での実証を、11月29日から12月19日まで実施する。

東京都西多摩郡日の出町のセブン-イレブン日の出大久野店で、「セブン-イレブンネットコンビニ」で注文された商品を店員がドローンに搭載し、駐車場に設置したドローン離発着場から、日の出町内に設置した配送先4地点にドローンで即時配送する。配送料は1回110円(税込)。注文受付時間は午前9時から午後4時まで、サービスの提供は12月3日からを予定する。

有人地帯での目視外飛行(レベル4)に向けた法改正を見据えて実施するもので、サービスの本格運用を想定した形式で実施する。通信回線はNTTドコモが提供する。ドローンへの商品搭載やバッテリー交換を店員が実施してオペレーション課題を抽出するほか、カーポートを活用したドローン離発着スペースの確保、適正な配送料金の把握などを見込む。

ANAホールディングスでは、福岡県福岡市や長崎県五島市の無人地帯で、補助者なし目視外飛行(レベル3)の実証実験を行い、2022年のレベル4解禁に向けた検証を実施している。

詳細はこちら

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加