阪急に「1扉車」誕生へ 初の有料座席指定「プライベース」詳細が判明「まずは1時間あたり最大3本」2024年開始

阪急に「1扉車」誕生へ 初の有料座席指定「プライベース」詳細が判明「まずは1時間あたり最大3本」2024年開始

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2023/11/21

「プライベート」と「プレイス」をあわせた造語

No image

新型車両「2300系」(画像:阪急)。

阪急電鉄は2023年11月21日(火)、2024年夏に導入予定の有料座席指定サービスの詳細を発表しました。

名前は「PRiVACE(プライベース)」となります。「プライベート」と「プレイス」をあわせた造語です。

車両は、現在の特急用車両「9300系」と、2024年夏にデビュー予定の新型車両「2300系」。それぞれ、大阪方面から4両目に設定されます。

公開された画像では、扉は車両の中央に1か所だけという異色の形式になっていて、入るとそこが車内デッキになっています。

有料座席指定サービスがある列車の運転頻度は、最初は「1時間あたり2~3本」とのこと。並行して座席指定用車両の増備をすすめ、2025年ごろに「1時間あたり4~6本」へ拡充するとしています。

予約は専用ウェブサイトからおこなう形です。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加