長谷川万射、嬉野ゆみ写真集に友情出演で次回作に意欲「次は絶対に“魅する体”を」

長谷川万射、嬉野ゆみ写真集に友情出演で次回作に意欲「次は絶対に“魅する体”を」

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2021/11/25
No image

長谷川万射  撮影:山田健史

ファッション雑誌「Ranzuki」などでギャルモデル“まやにゃむ”として活躍した長谷川万射が、人気インフルエンサー・嬉野ゆみの1st写真集「うれしのちゃん」(KADOKAWA)に友情出演している。現在は4歳の息子を育てるシングルマザーである長谷川が、撮影の思い出や近況、今後の展望を語ってくれた。

【写真を見る】長谷川万射が友人・うれしのちゃんとキャミソール姿でセクシーSHOT

「嬉野ちゃんは『万射ちゃんしかいない』と言ってくれた」

――まずは、今回の写真集に友情出演した経緯を教えてください。

嬉野ちゃんとは10代の頃から友達なんです。もともとは私の友達の友達という形で、数人で食事に行ったのをきっかけに仲良くなりました。しばらく会っていなかったんですが、Instagramを見たらフォロワーが10何万人もいたので「すごいなぁ」と思っていたんです。そうしたら今回お話を頂いたので、「私でよかったら」ということで出させていただきました。

――その時の心境は?

久しぶりだったから「私でいいの?」みたいな感じでした。でも、嬉野ちゃんは「万射ちゃんしかいない、万射ちゃんに出てほしい」って言ってくれたので、「ありがとう」って。

――本格的な撮影は久しぶりだったそうですね。

写真集の撮影は初めてだったんです。最近はInstagramやYouTubeなどを中心に活動していたので、誌面の撮影自体も久しぶりで、すごく楽しみでした。

体の仕上がりはもう少し頑張りたかったです(笑)

――今回は水着や下着での撮影もされていますが、これまでは体を見せるような撮影の機会はあまりなかったのでしょうか?

下着のモデルとかはやったことがあるんですが、今回のようなグラビアは初めてでした。

――どんな準備をしましたか?

やっぱり多少は痩せて引き締めないとと思ったので、撮影の少し前からご飯を減らすようにしていました。嬉野ちゃんの写真集で、私がみすぼらしい体で出るのも申し訳ないし(笑)。それで少しダイエットはしましたが、もっとやりたかったですね。

――もっと仕上げたかった?

そうですね。写真自体は雰囲気もかわいいし、すごく良いなと思っているんですが、私の体の仕上がりはもう少し頑張りたかったです(笑)。

――ではまた次回、写真集のタイミングあったらさらに仕上げて臨む、と。

本当に。次は絶対に“魅する体”を作りたいです!

――女の子同士でグラビア共演すると、相手の体と自分を比較して気になるようなことはないですか?

確かにそれは少しありますね。並ぶと分かりやすいじゃないですか。だから緊張もするし、「バランスとか大丈夫かな」って気になります。

――お互いに意識し合ってバチバチなムードになったり?

全然! 楽しく膝枕して「モチモチしているね」とか言って、新鮮な気持ちで楽しく撮影していました(笑)。

――長谷川さんから見て嬉野さんはどういう人ですか?

久々に会ったんですが、全然変わっていなかったんですよ。めっちゃ良い子で、ちょっと天然なのかな。フワフワした感じで落ち着く。

――撮影現場で嬉野さんの天然ぶりが見える瞬間はありましたか?

ポロリというか「大丈夫? それ出てない?」みたいなことはありました(笑)。指摘されて「本当だ、ごめんね~」って。「ゆるいなぁ」と思いました(笑)。

仕事しながら子育て「本当にゆるくやっています(笑)」

――まやにゃむの愛称で親しまれた「Ranzuki」モデル時代に歌手デビューなどもされていましたが、「Ranzuki」を卒業されてからはどんな活動をしていたんですか?

「小悪魔ageha」さんに一回出させてもらって、それから「LOVEggg」という雑誌にレギュラーモデルとして出させていただいていました。その後はフリーでECサイトの撮影だったり、YouTubeだったり、ちょこちょこと出られる場に出る、という感じですかね。今はインスタの発信がメインです。

――現在はシングルマザーということで、仕事をしながら子育てもされている、と。

そうですね。私はご飯もたまには外食をしちゃったりするんですが、毎日ご飯を作っている世の中のママさんはすごいなと思います。私なんかで大変って言っていいのかなと思っちゃいますね。

子育ては大変な部分もあるんですが、一対一だからこそ逆に楽な部分もあるんです。子どもも4歳になったので友達感覚というか、男の子なのでカップルみたいな感じにもなるんですよ(笑)。けんかもするし、すごく癒されながらムカつきながら、本当にゆるくやっています(笑)。

――仕事に関しての今後の展望は?

今までやっていなかったことに挑戦したいなと思っています。演技とかもやってみたい。逆に年を重ねるにつれて、やりたいことが増えてくるんです。昔は「面倒くさい」とか「怖い」とか、やれない理由を探していたんですが、今はやれることがあるならやっておきたいな、と思うようになりましたね。

――では、改めて今回の写真集のアピールをお願いします。

今回、嬉野ちゃんの写真集に友情出演させていただいたことで、普段撮らないようなショットをたくさん撮ってもらいました。女子同士でイチャイチャしているようなカットなどの珍しい写真も多いと思うので、ぜひ手に取って見ていただけたらうれしいです!

◆取材・文=山田健史

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加