アーセナルにユベントスからウェールズ代表MF復帰? 右SBとトレードも提案か

アーセナルにユベントスからウェールズ代表MF復帰? 右SBとトレードも提案か

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/06/09
No image

【写真:Getty Images】

ユベントスのウェールズ代表MFアーロン・ラムジーが、古巣アーセナルへ復帰する可能性もあるのかもしれない。イタリアやスペイでの報道をもとに英紙『ミラー』など多くのメディアが伝えている。

ラムジーは2008年から約10年間アーセナルに在籍して主力選手として活躍。2019年夏にユベントスへ移籍したが、イタリアでの2年間は負傷などの影響もありレギュラー定着には至らず苦戦が続いている。

アーセナルのエドゥーTD(テクニカルディレクター)は、そのラムジーを連れ戻したいと考えているとも報じられている。MFダニ・セバージョスのレンタル終了や、MFグラニト・ジャカの移籍が見込まれることなどから、アーセナルは中盤の補強を必要としている。

一方でユベントスは、アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリンの獲得に関心を示しているという。ベジェリンの獲得に向け、アーセナルにラムジーを譲渡した上で移籍金の差額を支払うことを提案したとの報道もある。

アーセナルは補強資金を得るため数人の選手たちを売却することを検討していると見込まれており、ベジェリンもその候補の一人。実現すれば両クラブと選手らの利害が一致する取引となるのかもしれない。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加