プレミアム ミッドサイズ セグメントのハイパフォーマンス モデル! レースにおける魅力がさらに強まった、新型「BMW M3 CS」。

プレミアム ミッドサイズ セグメントのハイパフォーマンス モデル! レースにおける魅力がさらに強まった、新型「BMW M3 CS」。

  • CARSMEET WEB
  • 更新日:2023/01/25

405kW/550psの直列6気筒エンジンと8速Mステップトロニック・トランスミッション、M xDriveインテリジェント四輪駆動システムとの組み合わせが生み出す最高のドライビング・タレント

BMW M社は2023年においても、魅力的な特別仕様車を製品ラインナップに加えることに重点を置いていく。新型「BMW・M3 CS」はプレミアム ミッドサイズ セグメントのハイパフォーマンス モデルとして成功している、レースにおける魅力がさらに強まったと言えるだろう。カーボン・ファイバー強化プラスチック(CFRP)製部品を多用したインテリジェントな軽量構造、エンジン出力の向上、専用シャシー・セットアップ、専用デザイン装備、サーキットで爽快なパフォーマンスを発揮するために磨き上げられた仕様が、BMW M3セダンの機能性と日常の使い勝手を兼ね備えているのだ。これにより、BMW M3 CSは独自のキャラクター・プロフィールを持ち、ロードでもサーキットでも、1マイルごとに興奮と感動をもたらす、純粋なMフィーリングを提供することができる。

新型「BMW・M3 CS」のパワートレイン・コンセプトは、405kW/550psの直列6気筒エンジンと8速Mステップトロニック・トランスミッション、M xDriveインテリジェント四輪駆動システムとの組み合わせ。これらの組み合わせにより、0-100km/h加速は3.4秒、4つのシートのそれぞれで最高のドライビング・タレントを楽しむことができる。ニューBMW M3 CSは、2023年3月からBMWグループ・ミュンヘン工場で限定生産され、同月から段階的に発売され、最重要販売地域は米国、ドイツ、英国、日本が設定されている。

よりパワフルに、より軽量に、魅力的なパフォーマンス。
新型BMW・M3 CSは、パワー・アップと軽量化により、魅力的なパフォーマンスと特別なオーラを身にまとった。そのパワーは、BMW・M3およびBMW M4モデル用に開発されたMツインパワー・ターボ・テクノロジー搭載の高回転型直列6気筒エンジンの特別改良型から引き出されている。この3.0リッター・ユニットは、2022年にBMW M4 GT3が初出場でDTMツーリング・カーのタイトルを獲得したエンジンのベースにもなっている。

したがって、ニューBMW M3 CSのボンネットに搭載されるエンジンも、レーシング・カー・ユニットに直接由来する豊富な技術的ディテールを誇る。クランクケースはスリーブのないクローズド・デッキ構造で、非常に高い燃焼圧力に対応するよう剛性が高められている。また、ワイヤーアーク溶射を施した軽量なシリンダーボアにより、摩擦損失を低減。軽量鍛造クランクシャフトは、非常に高いねじれ抵抗でパワーの立ち上がりを助けるとともに、エンジンの高回転化にも寄与。シリンダーヘッドは3Dプリンターでコアを製作し、従来の金属鋳造では不可能だった冷却水ダクトの最適な配置を実現し、温度管理に配慮し、冷却システムと同様に、オイル供給システムもサーキット走行に特化した設計となっている。

【写真31枚】よりパワフルで軽量、そして魅力的なパフォーマンス!

直6エンジンは405kW/550psを発生。
新型BMW・M3 CSに搭載されたエンジンは、高回転域での最大限のパワー発揮を目指し、入念に調整されたもの。このユニットの大幅な改良により、ピーク出力はM xDrive搭載のBMW・M3 コンペティション セダンと比較して30kW/40ps向上し、405kW/550hpとなった。この出力向上は、Mツインパワー・ターボ・テクノロジーに的を絞った改良によって達成されたもので、安定性や耐久性の面で譲歩する必要はない。主な改良点は、2基のモノスクロールターボチャージャーの最大チャージ圧を1.7barから2.1barに引き上げ、エンジンマネジメントにモデル固有の微調整を加えることである。

新型BMW M3 CSのエンジンは、わずか2,750rpmから650Nmのピーク・トルクを発生し、5,950rpmまで持続させることができる。最大出力は6,250rpmで発生し、最高回転数は7,200rpmとなる。特徴は、高回転域まで途切れることのないパワーデリバリー。さらに電動フラップ、軽量化されたチタン製リアサイレンサー、マットブラックに塗装された2対のテールパイプを備えたデュアルブランチ・エキゾーストシステムが、感動的なサウンドトラックを生み出す。

8速Mステップトロニック・トランスミッション、M xDrive、アクティブMディファレンシャル。
新型BMW・M3 CSのエンジンが解き放つ駆動トルクは、ドライブロジック付き8速Mステップトロニック・トランスミッションを介して伝達される。このトランスミッションは、センター・コンソールのM専用セレクター・レバー、またはステアリング・ホイールのカーボンファイバー製シフト・パドルのいずれかで操作することができる。ドライバーはセレクター・レバーに組み込まれたDrivelogicボタンでトランスミッションのシフト特性を変更し、快適性重視、スポーティ、サーキット走行に最適な設定を選択することが可能だ。

ニューBMW M3 CSのトラクションと俊敏性は、M xDrive全輪駆動によって強化されている。トランスファーケース内の電子制御多板クラッチを使用して、エンジンのパワーを完全に可変かつ超滑らかに前後輪に配分することが可能だ。また、多板クラッチのオイル供給を最適化することで、サーキットでのハードな走行でも全輪駆動システムの性能を維持できるようにした。さらに、後輪に偏った駆動方式と、リア・アクスルのアクティブMディファレンシャルとの組み合わせにより、加速時やコーナリング時にMならではのフィーリングを実現している。

シャシー・テクノロジーとDSCシステムの特注チューニング、トラック・タイヤの標準装備。
新型BMW・M3 CSのシャシー・テクノロジーは、エンジンのパフォーマンス特性、車両全体のコンセプト、重量配分に合わせて精密にチューニングされている。DSCシステムおよびMダイナミック・モードのモデル別設定も、高速サーキット走行に特化したものとなっている。

アクスルの運動特性を個別に調整し、ホイールのキャンバー設定、ダンパー、補助スプリング、アンチロールバーを特注することで、ステアリング精度、コーナリング時の横方向の制御力の伝達、スプリングとダンピングの反応、ホイール位置が最適化されている。ニューBMW M3 CSのアダプティブMサスペンションの電子制御式ダンパーも、可変レシオの電気機械式Mサーボトロニック・ステアリングと統合ブレーキ・システムと同様に、モデル専用に設定されている。

この特別仕様車の標準仕様には、レッドまたはブラックに塗装されたブレーキ・キャリパーを備えたMコンパウンド・ブレーキが含まれてる。また、オプションでMカーボン・セラミック・ブレーキ(ブレーキ・キャリパーはマット・ゴールドまたはレッド)が用意され、新型BMW・M3 CSには、ゴールド・ブロンズ仕上げの専用Vスポーク・デザインの鍛造Mライトアロイ・ホイールも標準装備されている。

No image

カーボン・ファイバーを多用した軽量構造、ボディ剛性の向上。

新型BMW・M3 CSの性能と独自のキャラクターを形成する上で、モデル特有の広範な軽量化設計が大きな役割を担っている。ここでは、内外装にカーボン・ファイバー強化プラスチック(CFRP)製コンポーネントを使用することが重要なポイントとなっている。カーボン・ファイバー製ルーフのほか、ボンネット、フロント・スプリッター、フロント・エアインテーク、エクステリア・ミラー・キャップ、リア・ディフューザー、リア・スポイラーにこの軽量ハイテク素材が使用された。

また、センターコンソール、ステアリングのシフトパドル、インテリアトリムもすべてCFRP製。また、標準装備のMカーボン製バケットシートは、車内の軽量化にも貢献している。また、チタン製リア・サイレンサーにより、ニューBMW M3 CSのエグゾースト・システムは4kg以上軽量化された。こうしたさまざまな軽量化設計により、M xDrive搭載のBMW M3 Competition Sedanと比較して、合計で約20kgの軽量化が達成されている。

独自のデザインは、スリリングなパフォーマンスを約束します。
新型BMW・M3 CSは、一連の個性的なデザインによって、そのシャープなキャラクターを瞬時にアピールする。エクステリアのフローズン・ソリッド・ホワイト・メタリック・ペイントは、BMW M社の最新特別仕様車だけのもの。ルーフ、ボンネットに刻まれた2つのくぼみ、フロント・スプリッター、フロント・エアインテーク、Mエクステリア・ミラー・キャップ、リア・スポイラー、リア・エプロンのカーボンファイバーの表面は、ブラックのサイドスカート、Mギルと相まって、新しい塗装仕上げに見事なコントラストを与えてる。エクステリア・カラーには、シグナル・グリーン・ソリッド、ブルックリン・グレー・メタリック、サファイア・ブラック・メタリックが用意された。

フロント・エンドには、軽量化されたフレームレスのBMWキドニー・グリルを採用し、レーシング・マシンを彷彿とさせるストリップ・バック・エアーを表現。このモデルのために特別にデザインされた赤い輪郭線と、2本の水平グリル・バーの上部にある「M3 CS」バッジが特徴だ。フロントのモデル・バッジとトランク・リッドのモデル・バッジは、いずれもブラックの表面にレッドの縁取りが施される。

標準仕様のBMWレーザー・ライト・ヘッドライトは、ニューBMW M3 CSのフロント・エンドをさらに印象的にしている。ロック解除時のウェルカム・シークエンスやロービーム、ハイビームの点灯時には、ホワイトではなくイエローが点灯し、GTレーシング・カーの成功例を彷彿とさせる。

Mカーボン・バケット・シートには、専用の表面と縫い目パターンが施されています。
ニューBMW M3 CSの室内には、ドライビングの喜びと最高のパフォーマンスを追求したスポーツカー・コックピットが、先進のデジタル技術と専用デザイン・エレメントによって集約される。運転席と助手席には、モデル専用デザインのMカーボン・バケット・シートが標準装備。フル電動&ヒーター付きで、ヘッドレストが内蔵され、イルミネーションで飾られたモデルバッジが、レーシングのセンスと長距離走行時の快適性を融合させたユニークなデザインだ。シートクッションとバックレストの構造体にはCFRPが使用され、サイドボルスターとヘッドレストの下には目を引くカットアウトが施され、シートの軽量化が図られていることがわかる。

ニューBMW M3 CSのMカーボン・バケット・シートはメリノ・レザーで覆われ、ブラック/レッドのカラー・スキームと独特のコントラスト・ステッチが特徴的なデザインとなっている。このバイ・カラー仕上げは、セダンのリア・コンパートメントにある2つのシートにも採用された。ドアパネルはフロント、リアともにブラック・レザーで統一され、軽量デザインのセンターコンソールにはレッドの「CS」レタリングが施される。ニューBMW M3 CSの標準装備には、BMW M社のカラー・ストライプを織り込んだMシート・ベルト、「M3 CS」の文字が入ったドア・シル・プレート、アンスラサイト・カラーのヘッドライナー、カーボン・ファイバー仕上げの内装トリム、Mアルカンターラ・ステアリング・ウィール(CFRP製シフトパドル、レッド・センターマーカー付き)も含まれる。

クルマの設定をカスタマイズするためのセットアップ・ボタン。
M専用コントロール/オペレーション・システムには、センター・コンソールにセットアップ・ボタンがあり、エンジン、シャシー、ステアリング、ブレーキ・システム、M xDrive の設定オプションに直接アクセスできる。個別に設定した2種類のセットアップ・バリエーションは、エンジン音、DSCシステム、オートマチック・スタート/ストップ機能、8速Mステップトロニック・トランスミッションのシフト特性などの設定とともに永久保存され、ステアリング・ホイール上のMボタンを使って呼び出すことが可能。

また、新型BMW・M3 CSには、Mドライブ・プロフェッショナル・システムも標準装備。この特別仕様車には、サーキットでのドライビング・スキルやパフォーマンスを評価・記録するMドリフト・アナライザーとMラプティマーが搭載されているだけでなく、クローズド・サーキットでマシンを酷使する際に最適な10段階のMトラクション・コントロールが搭載されている。

BMWカーブド・ディスプレイ(M専用表示装置付き)。
新型BMW・M3 CSは、BMWオペレーティング・システム8をベースにした最新世代のBMW iDriveによる車両体験を誇り、コックピット用のBMWカーブド・ディスプレイを搭載。このディスプレイは、12.3インチのインフォメーション・ディスプレイと対角14.9インチのコントロール・ディスプレイで構成され、曲面ガラスの後ろに一緒に収められた。BMWカーブド・ディスプレイは、人間工学に基づいたドライバー中心の配置により、すでに直感的に操作できるタッチ・コントロールの使い勝手をさらに向上させる。

インフォメーション・ディスプレイのグラフィカルなレイアウトとそこに表示されるMスタイルのコンテンツは、集中したパフォーマンス重視のドライビング体験に適する。運転に関連するすべてのデータ、車両の状態や設定情報が整然と配置された。インフォメーション・ディスプレイの上部にはおなじみのMシフト・ライト、下部にはドライビング・スタビリティ・システム、M xDrive、トラクション・コントロール・モードが表示される。また、コントロール・ディスプレイのホーム画面には、現在の車両設定やタイヤ空気圧、温度などの情報を表示する専用ウィジェットを追加することができる。

日常のドライビングをより楽しく、より快適にするトップクラスのオプション。
標準装備のBMW ライブ コクピット プロフェッショナルは、BMW Mapsナビゲーション・システム、BMW Intelligent Personal Assistant、スマートフォン連携、ワイヤレス充電付きテレフォニー、WiFiインターフェイスなどの機能を搭載。また、M専用の表示機能を備えたBMWヘッドアップ・ディスプレイとBMWドライブ・レコーダーもオプションで用意されている。

新型BMW・M3 CSは、快適装備やドライバー・アシスタンス・システムを選択することができ、純粋なドライビング・プレジャーを楽しむことに重点を置いている。最新バージョンのコンフォート・アクセス、2ゾーン・オートエアコン、ハーマン・カードン・サラウンド・サウンドシステム、パーク・ディスタンス・コントロール、フロント衝突警告、レーン・ディパーチャー警告、スピード・リミット・インフォ・システムを標準装備。アラームシステム、トランクリッド自動開閉システム、ドライビングアシスタントおよびパーキングアシスタントシステムは、オプションとして追加することができる。

No image

投稿 プレミアム ミッドサイズ セグメントのハイパフォーマンス モデル! レースにおける魅力がさらに強まった、新型「BMW M3 CS」。 は CARSMEET WEB に最初に表示されました。

CARSMEET web編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加