巨人・原監督「つながりは最高に良かったゲーム」広島戦5連勝

巨人・原監督「つながりは最高に良かったゲーム」広島戦5連勝

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/08/02
No image

試合後に声援に応える巨人・原監督

「巨人11-3広島」(1日、東京ドーム)

巨人・岡本がプロ入り初の14号ダメ押し満塁弾を放つなど、打線が14安打11得点と爆発して7年ぶりの広島戦5連勝。原監督は「打つべき人がしっかり打つという中でね。全体的につながりは最高に良かったゲームですね」と手応えを語った。

1点ビハインドの二回にウィーラーが同点の中前適時打。続く三回に丸の送りバントが相手の守備網に風穴を開け、ミスにつけ込んでこの回一挙3点を奪い、流れをつかんだ。

五回に1点を追加すると、六回は岡本の満弾を含む6得点。猛打で快勝を飾ったが、指揮官は「しっかりと先制した形で明日は戦っていきたいと思います」と気を引き締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加