KAT-TUN亀梨、“1番辛かった”テレビ番組での挑戦とは?「結構ボロボロに...」

KAT-TUN亀梨、“1番辛かった”テレビ番組での挑戦とは?「結構ボロボロに...」

  • E-TALENTBANK
  • 更新日:2021/07/21

7月19日、日本テレビ系『さんま×上田×有働!今だから話しますキャスター大集合SP』にKAT-TUN亀梨和也が出演した。

No image

番組の中で、“1番辛かった挑戦”について聞かれた亀梨が、日本テレビ系『Going! Sports&News』でのホームランを打つ企画が辛かったと切り出す場面があった。

亀梨は当時について、「トータル考えると、丸2、3年ずっとやってたんですけど」と切り出すと、「最後のホームラン打てるか打てないかのチャレンジの時は、1週間ぐらい泊まり込みで。朝練して、東京きて仕事して、また夜(合宿所に)帰って、焼き肉食べて…」と、スケジュールを回想。

さらに、「その間アイドルもやっぱやらなきゃいけないじゃないですか。手とかもう、結構ボロボロになってて、バット握ってる時は『よっしゃー!』と思うんですけど、マイクを握ってる時の違和感がえげつないんですよ」と話してスタジオを笑わせた。

また「最後はもう、体重増えればちょっとやっぱ、飛距離は変わってくるというところで、最終的に6、7、8キロぐらいは」と、増量したことも明かしつつ、「会社の方から言われました、『あなたはなにを目指してるの?』って」と、振り返っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加