エバートン新監督候補に宿敵リバプール率いたベニテス氏浮上 英メディア

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10

カルロ・アンチェロッティ氏がレアル・マドリードの新監督に就任し、指揮官が不在となったエバートンが、ラファエル・ベニテス氏(61)を後任候補として考えていると、英複数メディアが報じた。

ベニテス氏はインテル・ミラノ、チェルシー、Rマドリードなどを歴任した名将。だがエバートンの宿敵リバプールを欧州チャンピオンズリーグ優勝に導いたこともあり、英メディアは同氏が就任すれば「ショッキングな人事だ」としている。

エバートンのモシリ・オーナーは、前ウルバーハンプトンのポルトガル人指揮官ヌーノ氏の代理人とも連絡をとっているが、金銭的な条件やコーチの陣容で折り合いが付いていない。

一方、ベニテス氏はリバプールを離れてからも、家族でマージーサイド(イングランド北西部の州。中心都市はリバプールで、同市はエバートンのホームでもある)で暮らしており、オファーはしやすいという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加