存在感失ったペドリ「ミスが試合を決める」

存在感失ったペドリ「ミスが試合を決める」

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/11/22
No image

ペドリ

FCバルセロナは前半ラストプレーで集中力を欠いていた隙を突かれてアトレティコ・マドリーに先制点を許した。結果的にミス絡みの失点が決勝点となり、ディエゴ・シメオネ監督に就任以来初のラ・リーガでのバルサ戦勝利をプレゼントしてしまった。

試合後、ペドリ・ゴンサレスは『Movistar』のマイクに登場し、前半最後の失点シーンについてコメントした。「45分に精神的に難しい得点を取られてしまった。自分たちのミスを見て、改善してチャンピオンズリーグの試合に臨まなければならない。ミスが試合を決める」と話している。

「難しい試合だった。複雑な時期に来ていて、自分たちの身にも起こりうることを知っていた。今はミスを改善するために努力を続けなければならない」とペドリは続けた。

今月25日に18歳の誕生日を迎える少年は、チームに足を引っ張られるように、これまでのような輝きはなく、シュートゼロ、決定機関与もゼロに終わっている。

「最近僕らに欠けているのはゴール前での精度。(相手に)内側を閉められている。スペースがあまりなかった、トライはしたが、最後のパスには正確性を欠いた」とペドリは見ている。

この試合の最悪のニュースの一つはジェラール・ピケの負傷で、映像や選手本人の反応を見る限り、深刻な怪我のように映る。ピケについてペドリは「何も分からない。少しでも軽傷であることを願い、一日も早く回復するように力を送る」と話した。

■関連記事:バルサ、アトレティコに成す術なく完敗 ピケ&ロベルト負傷退場で泣きっ面に蜂

■関連記事:プジョルがピケの怪我の程度を懸念「何もないことを願っている」

■関連記事:離脱者続出のマドリー、マリアーノのゴールで先制も好調ビジャレアルに苦しめられドロー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加