大橋未歩、コロナ後遺症で嗅覚戻らず「息苦しさもまだあります」

大橋未歩、コロナ後遺症で嗅覚戻らず「息苦しさもまだあります」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/09/15
No image

大橋未歩

先月、新型コロナウイルス感染から復帰したフリーアナウンサー、大橋未歩(43)が14日、インスタグラムを更新。現在も嗅覚が戻っていないことを明かした。

大橋は街中で信号待ちをする自身の写真を投稿し、「切ないを気取っていますが、横断歩道の先にある鯛焼き屋さんを見つめています」と風景を説明。「ちなみに、匂いはまだあまりわかりません」と明かし、「匂いが分かりづらいとトイレ掃除とか生ゴミの処理がノンストレスで行えることに気付きました」と前向きにつづった。

また、「あと息苦しさもまだありますが、この息苦しさから解放された時にとても空気が美味しく感じるんじゃないかと妄想して心を躍らせています」と完全復活を心待ちにしている様子。フォロワーに「みなさん、がんばですよ。一緒に楽しいこと想像しましょう」と呼びかけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加