鹿島がここ5戦0失点の札幌一蹴で首位堅持! 上田&鈴木の揃い踏みなどで4ゴール【明治安田J1第13節】

鹿島がここ5戦0失点の札幌一蹴で首位堅持! 上田&鈴木の揃い踏みなどで4ゴール【明治安田J1第13節】

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/05/14
No image

明治安田生命J1リーグ第13節の1試合が14日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、ホームの鹿島アントラーズが北海道コンサドーレ札幌を4-1で下した。

【動画】その冷静さが憎い!思わず唸るループシュートBest3

シーズンの3分の1を消化して川崎フロンターレや横浜F・マリノスを抑え込み、首位に立つ鹿島。3試合ぶりの黒星を喫した前節からの立ち直りが求められる今節、ここ5試合無失点の3勝2分けで9位につける札幌を迎え撃った。

鹿島はディエゴ・ピトゥカが処分明け後初先発入りした一方で、札幌は前節から2枚が入れ替わって宮澤、ガブリエル・シャビエルがスタートから出場。札幌はここ5試合無失点で乗り込んだ一戦だったが、鹿島が早々に崩す。

6分に自陣ボックスから縦パスを繋ごうとした高嶺に鈴木がプレッシャーをかけ、敵陣中央で常本が回収。ピトゥカの左足パスとともにボックス中央で相手の不揃いな最終ラインを抜け出した上田が右足ダイレクトで蹴り込んだ。

上田の今季8発目で先制後も鹿島の鋭い攻撃が光るなか、25分にもピトゥカが絶妙なスルーパスで存在感。そのパスとともに最終ラインの裏に抜けたアルトゥール・カイキがボックス右で飛び出したGK菅野と交錯し、PKを獲得する。

キッカーに名乗りの鈴木はゴール正面のやや左寄りに蹴ったキックこそGK菅野に読まれるが、VAR介入でやり直しに。蹴り直しの鈴木はさらにプレッシャーがかかったが、今度はしっかりとゴール左に決め切り、札幌を突き放した。

連続失点の札幌は44分に高嶺の負傷交代にも直面するなか、後半アディショナルタイム1分に鹿島が和泉のスルーパスからカウンター。ボックス右のカイキが右足でマイナスに折り返すと、フリーの鈴木が右足でネットを揺らす。

巻き返したい札幌はハーフタイムからミラン・トゥチッチと青木を入れ、攻撃の活性化を促すが、鹿島が相手の出鼻を挫く4点目。48分、敵陣右サイドで獲得したFKから樋口のキックにカイキが頭で合わせて、ダメ押しゴールを奪った。

大量リードの鹿島ペースが続くなか、一矢報いたい札幌も押し返す時間が増え出すと、69分に菅が敵陣左サイドからバイタルエリア左に切り込み、右足一閃。利き足ではないが、パワフルなシュートをゴール右隅に突き刺し、1点を返す。

菅の目の覚めるような一撃をきっかけにさらに勢いづきたい札幌は74分に売り出し中の中島も送り込み、惜しい場面も作り出すが、鹿島がそのまま4-1で勝利。前節の敗戦から力強く立ち直ってみせ、首位の座をキープしている。

鹿島アントラーズ 4-1 北海道コンサドーレ札幌

【鹿島】

上田綺世(前6)

鈴木優磨(前30、45+1)

アルトゥール・カイキ(後3)

【札幌】

菅大輝(後24)

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加