初代=亀山薫がついに「相棒」に帰還!!

初代=亀山薫がついに「相棒」に帰還!!

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/06/23
No image

水谷豊(69)主演のテレビ朝日系人気ドラマ「相棒」(毎週水曜、午後9時〜)のシーズン21が10月期に放送され、初代相棒だった寺脇康文(60)演じる亀山薫が、約14年ぶりに帰還する。

2000年にスペシャルドラマとして誕生して以来、国民的ドラマとして定着した「相棒」。シリーズを通じて挑戦を続け、進化。そしてこの度、前シーズンで卒業した冠城亘(反町隆史)の後を継ぐ“五代目相棒”が、寺脇演じる亀山に決定。亀山が特命係を離れてから一度も顔を合わせていなかった二人が、どんな再会を果たすのか。原点を超えていく相棒の新たなステージが注目される。

二人の出会いは “プレシーズン”第1弾(2000年6月3日放送)。捜査一課の刑事だった亀山が、偶然出くわした指名手配犯に人質にされる失態を犯し、“人材の墓場”と揶揄(やゆ)される特命係に左遷…。それが二人のファーストコンタクトだった。その後、2002年10月からシリーズ化(連ドラ化)され、足掛け9年、124話にわたって右京の相棒を務めた。以下は約14年ぶりのタッグを組むことへのコメント。▼水谷豊コメント

「亀山くんが帰ってくる。そんな日が来ることを、杉下右京は何度か夢見ていたに違いない。過去に戻るのではなく、新たな未来にまた二人で向かうための再会を、右京は淡々と待っていたに違いない」

▼寺脇康文コメント

「まず初めに、大好きな『相棒』に出演させていただくこと、そして14年ぶりに、僕の分身『亀山薫』を演じる事が出来る機会をいただけることに感謝の気持ちでいっぱいです。何より役者人生の師匠と言っても過言ではない、水谷豊さん演じる『右京さん』と、また『相棒』として、夢のような時間をともに出来ることを本当に嬉(うれ)しく思っております。仮面ライダー1号が帰ってきたように、相棒1号も帰って参ります!今、はやりの言葉にすると、『シン亀山薫』でございます!特命係を去って、サルウィンに渡った薫ちゃんが、どうやって戻ってくるのか!皆さん!楽しみに待っていて下さいね!」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加