ふくらはぎが重い、血管が浮き出ている...もしかしたら「下肢静脈瘤」かも? まずはセルフチェックを

ふくらはぎが重い、血管が浮き出ている...もしかしたら「下肢静脈瘤」かも? まずはセルフチェックを

  • 毎日が発見ネット
  • 更新日:2022/08/06

成人女性の4〜5人に1人、特に40〜50代の発症が多い下肢静脈瘤。脚の静脈の血管が膨らんだり、浮き出たりする病気です。正しく知らないために、長く悩み続けている人も多くいます。そこで今回は、横浜血管クリニック院長の林 忍(はやし・しのぶ)先生に「下肢静脈瘤」の症状や原因、タイプについてお聞きしました。

症状を知る

□脚がむくんでだるい、重い、疲れやすい

No image
No image

□夜中や朝方にこむら返りが起こる

No image

□足首やふくらはぎ、太ももの内側などの血管が浮き出ている

No image

□ふくらはぎや脚がほてる、熱く感じる

No image

□脚にかゆみや黒ずみ(色素沈着)がある

□クモの巣のような細い血管が浮き出て見える

No image

上の項目に1個でも当てはまれば下肢静脈瘤の疑いがあります

自然には治らない病気 皮膚がボロボロになることも

下肢静脈瘤は脚の静脈の血管がコブのように膨らんだり、浮き出たりする病気です。

成人女性の4~5人に1人が発症するといわれ、40~50代以降の女性に多い病気です。

遺伝、立ち仕事、出産経験、肥満、運動不足が要因の一つといわれています。

身近な病気ですが、正しく知らないために、ずっと悩み続けている人も多くいます。

命に関わる病気ではありませんが、一度発症すると自然に治ることはなく、徐々に症状が進行していきます。

放置しておくと重症化して、皮膚が炎症を起こし硬くなったり、潰瘍ができてボロボロになったりすることもあります。

静脈瘤が軽度であれば、体操など自宅で簡単にできるセルフケアで症状が軽くなることも。

体への負担が少ない最新の治療法もあります。

病気を正しく知って、早めの対策で改善しましょう。

原因を知る

下肢静脈瘤のメカニズム

静脈弁(静脈内にある弁)
筋肉の収縮(筋ポンプ作用)で押し上げられた血液の逆流を防ぐ役割がある

何らかの原因で弁が壊れる

血液が逆流して静脈にたまる

静脈が拡張する

下肢静脈瘤を引き起こす

No image

タイプを知る

発生場所によって4タイプある

伏在型

No image

脚の付け根や太ももの裏側、ひざから足首の外側などの表在静脈が太くなり、ぼこぼこ浮き出たり、ミミズが這ったように盛り上がる。

側枝型

No image

表在静脈より枝分かれした静脈が拡張して、コブのようになる。

網目状

No image

皮膚の下を通る1~2mmの太さの静脈が、青く網の目状に浮き上がって見える。

クモの巣状

No image

皮膚の表面(表皮)のすぐ下を通る0.1~1mmの極めて細い血管が拡張したもの。盛り上がりが少なく、赤紫色に透けて見える。

※むくみ・だるさなどの症状が現れて進行するのは、「伏在型」と「側枝型」のみ。他の2つのタイプは、症状が出たり重症化することは少ない。

【まとめ読み】正しく知って、早めに対策「下肢静脈瘤を改善」記事リスト

取材・文/古谷玲子 イラスト/山﨑美帆

横浜血管クリニック院長
林 忍(はやし・しのぶ)先生

慶應義塾大学医学部卒業。血管外科専門医として、同大学付属病院、済生会横浜市東部病院、済生会神奈川県病院勤務を経て、2016年より現職。下肢静脈瘤の治療経験が豊富。

毎日が発見ネット

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加