TI、5700種類以上のアナログICモデルを搭載した回路シミュレータを発表

TI、5700種類以上のアナログICモデルを搭載した回路シミュレータを発表

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/09/16
No image

Texas Instruments(TI)は、Cadence Design Systemsが提供している「PSpiceシミュレータ」のTI向けカスタムバージョン「PSpice for TI」の提供を開始したことを発表した。

グローバルな製造戦略で安定した事業基盤を構築するTI

電子回路シミュレーションプログラム「SPICE」の一種である「PSpice」は、半導体や電子部品を図面に配置し、各種パラメータを設定することで実物がなくても、回路の動作試験を可能とするもの。開発の早い段階から、回路動作に対するトラブルシューティングやシステムの脆弱性などを把握するといった使い方もでき、開発期間の短縮が求められる最近のエレクトロニクス業界で広く活用されるようになっている。

PSpice for TIは、PSpiceの基本機能部分はそのままに、5700種類以上のほぼすべてのTIのアナログ電源、およびシグナル・チェーン製品のモデルを含むことで、TI製品のモデルの編集機能やテンプレートを使って、回路構築を容易化するもの。アップデートにより、TIが新製品をリリースするごとに、搭載モデル数も併せて増加していくという。また、PSpiceのABM(analog behavioral models)、拡張されたプリミティブ群、設定可能な電力用電界効果トランジスタや電力用ダイオードなどを含む電源設計者向けの機能などを活用することで、全回路をサイズ制限なしに設計することや、他社製品のモデルデータも別途入力することで、併せた形でのシミュレーションも実施可能だという。

さらに、ツール内から、TIのデータシート群、製品情報、リファレンス・デザインのテスト回路や、TI E2E技術サポート・フォーラムの個々の検索結果にもアクセス可能であり、設計要件に適合するTI製品の選定、シミュレーションや購入に必要な資料や専門知識を迅速に得ることも可能になると同社では説明している。

なお、同ツールはすでにTIのWebサイトから無償でダウンロードが可能となっている(myITアカウントの登録が必要)。

小林行雄

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加