確信歩きってこう?エンゼルスの「守備の人」が会心の一発で“ドヤ歩き”大谷翔平も笑顔でお出迎え

確信歩きってこう?エンゼルスの「守備の人」が会心の一発で“ドヤ歩き”大谷翔平も笑顔でお出迎え

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/05/14
No image

【MLB】アスレチックス0-2エンゼルス(5月13日・日本時間14日/オークランド)

エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場したこの試合、“守備の人”として知られるエンゼルス・ベラスケスが会心の一撃を放ち、その際に見せた貴重な「確信歩き」が視聴者からの注目を集めた。

【動画】大谷翔平ばりの確信歩きを見せたベラスケスと笑顔のベンチ

4回にエンゼルスが1点を先制し、エンゼルス1-0で迎えた5回表・エンゼルスの攻撃。この回、先頭のウェードが倒れて1死走者なしの場面で、打席には俊足と堅守に定評のある9番・ベラスケス。アスレチックス先発のジェファリエズが投じた真ん中やや高めのカットボールを鋭く降り抜いた打球は、ライト方向へと高く舞い上がり、そのままスタンドへと吸い込まれていく今季第1号ホームランに。メジャー初先発だったシルセスを助けるためにも、追加点が欲しいところで出た貴重な一撃とあって、解説の高橋尚成氏も「大きいホームランですね、これは」とコメントした。

その手応えゆえか、打った瞬間にベンチを見ながら「確信歩き」をし、誇らしげにベースランニングをした後で、ベンチへと引き上げていくベラスケス。「確信歩き」といえば、エンゼルスでは大谷が印象的だが、“守備の人”として知られるベラスケスは、実はこのホームランがメジャー通算2本目で、「確信歩き」はもちろんのこと、公式戦でホームランを打つこと自体が極めて珍しいもの。そんな貴重な本塁打に、チームメイトたちも大喜びで、大谷も笑顔でお出迎え。視聴者からも「確信歩きしたね!」「ベンチを見たベラちゃん」「ベラ助の確信歩きかっけーーーーーー」「かわいい」「イケメン」「守備職人のHRはめでたい」といった様々な反響が寄せられることとなった。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加