金の延べ板に“ドイツブランド”ニセ刻印 5人逮捕

金の延べ板に“ドイツブランド”ニセ刻印 5人逮捕

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/09/17
No image

千葉県の工場で金の延べ板にドイツのブランドに似せた刻印を入れたとして、日本人と中国人のグループ5人が逮捕されました。

東京・江戸川区の無職・吉川拓海容疑者(49)と中国籍の男4人は去年11月、千葉県八街市の貴金属を加工する工場で一本の重さ1キロの金の延べ板20本にドイツのブランドに似せた刻印を入れた疑いが持たれています。警察によりますと、工場は逮捕された男の1人が経営していて、偽造した20本のうち16本は香港に輸出され、4本は行方が分かっていません。金はブランドによって価格が変わるため、警察は、男らがより高い価格で売るために刻印を入れたとみています。警察は容疑についての男らの認否を明らかにしていません。

ギリシャ難民キャンプ火災 ドイツなどが受け入れへ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加