岡田将生「すぐ結婚します」“本当に魅力的”な女性語る<大豆田とわ子と三人の元夫>

岡田将生「すぐ結婚します」“本当に魅力的”な女性語る<大豆田とわ子と三人の元夫>

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/04/07

【モデルプレス=2021/04/07】女優の松たか子、俳優の岡田将生が7日、オンラインで開催されたドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜よる9時~)リモート記者発表会に出席。岡田が“本当に魅力的”な女性について語った。

No image

(写真 : 岡田将生、松たか子 (C)関西テレビ)

【写真】ウエンツ瑛士&岡田将生、生田斗真入籍日に3人でリモート飲み会「やけに菜名ちゃんがやってくる」

本作は「カルテット」「最高の離婚」「Mother」などを手がけ、現在は映画「花束みたいな恋をした」が公開中の脚本家・坂元裕二氏によるオリジナルストーリー。3回結婚して3回離婚したバツ3の独身女性・大豆田とわ子(松)が、「三人の元夫」に振りまわされながら奮闘する日々を描く。とわ子のことを忘れられない「三人の元夫」として、最初の夫・田中八作を松田龍平、二番目の夫・佐藤鹿太郎を角田晃広東京03)、三番目の夫・中村慎森を岡田が演じる。この日は松と岡田とともに、角田と松田も出席していた。

◆松たか子&岡田将生、役柄の印象は?

松は役柄について「自分が思っている以上に、違和感なく行動できてはいます。彼女がやることとか言うことも、素直に言えたり、やれたりするのはなんでだろうな?と思いながら、のびのびとやらせてもらっている感じはします」とコメント。

周囲との掛け合いについては「人と関わるのを、諦めない人たちが多いので(笑)。そうすると、事件も起こりますけど、何かドラマもその分生まれるので。パワーは使うけど、楽しくなる。ちょっと元気になる感じもありながら、会話している感じですかね」と言い「不思議な関係だけど、お互いさまでみんな生きている感じはあるのかなと思って」と考えを明かした。

弁護士である慎森に関して、岡田は「最初はどうかな?と思っていたんですけど、どんどん自分の中に浸透していって。普段、自分のプライベートで会話しているときとかも、ちょっと口が悪くなってきたというか(笑)」と影響されていることを報告。「けっこう僕、今回嫌われ役だと思っていて(笑)。それもそれでしっくりきていて。この慎森という役は、合理的主義者なんですけど、とても人間っぽく可愛らしい部分もあるので、そういうところも、皆さんに楽しんで見ていただけたら嬉しいなとは思っていますね」と語った。

◆松たか子「とわ子も私もすごく幸せ者」

その後、3人と共演してみての感想を求められた松は「皆さん、面白い瞬間を見逃さない。そしてその面白くなりそうな空気を感じたら『とことん行ってしまえ!』って突き進んでいけるような感じが、やり取りをしているとあって」「やっていて本当に楽しいですし、安心感もあるんだけど、緊張感もあるので、私的には頼りすぎないようにと思いながら、本当に頼りにしている皆さんですね」と絶賛。

続けて「とわ子が嫌われるんじゃないかと。こんな素敵な人たちに囲まれているのに『なに贅沢を言ってるんだ』みたいな風に思われないかな?って思っちゃうくらい、私から見ると、魅力的です。皆さん。俳優さんとしても、役も、そういう風になっているなと思って。すごいなと。上手だなと思って(笑)」と語ったが、角田からは「笑っちゃうと、嘘っぽくなるんで」と鋭いツッコミが。松は「本当に思っているんですよ(笑)。幸せ。とわ子も私もすごく幸せ者だなと思いながら、ドラマをやっています」とも語った。

◆岡田将生、“とわ子”が「ものすごく好きです」

「とわ子の魅力」に話が及ぶと、岡田は「人それぞれ、皆さんどこか欠点があるじゃないですか。その欠点を、とわ子さんって、自分から生まれてくる言葉で、ちゃんとその人に問いかけてくださる印象があって。僕の役とかも、割とそれで助けられている部分があって。それがすごく魅力的な感じはするんですけどね…好きです(笑)」と発言。

実生活で会った場合、付き合うなどの対象になるか問われると「すぐ結婚しますね」と返答し、松は「大丈夫?そんな(笑)。嘘でしょ?捨て身でやる必要ないから(笑)」と心配。笑顔を見せた岡田は「1話を見て、とわ子さん、本当に魅力的で。すごく等身大なんですよね。包み隠さない、龍平さんの言葉を含めて、本当に素敵だなと…結婚はまだちょっと早すぎるかもしれない。もうちょっと知りたいですね。ものすごく好きです。何回言ってるんだろう(笑)」と、とわ子に興味が尽きない様子だった。

会見終盤で「結婚相手に求める譲れない条件」を質問された松は「今パッと思ったのは、どうしようもなくダメなところがある人。条件というか、そういう人といた方がいいかなと。人間だから、間違いがあるじゃないですか。結婚だってそうかも。間違えたみたいな。でも、間違えちゃうようなことをやって生きられるっていう、そういう人と、間違えながら生きていく方がなんか楽しそうかなって思います」と考えを明かしていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加