【レビュー】macOSのユニバーサルコントロール、iPadの操作感は?

【レビュー】macOSのユニバーサルコントロール、iPadの操作感は?

  • iPhone Mania
  • 更新日:2022/05/14
No image

macOS Monterey 12.3の目玉機能として公開されたユニバーサルコントロールは、Macのキーボードとマウスを使ってiPadを操作できるというものです。

単に操作できるだけでなく、デバイスの壁を越えたコピー&ペーストが可能になるなど、MacとiPadがより連携しやすくなります。

このユニバーサルコントロールを実際に使用し、Macからのキーボード/マウス操作がiPad側にどのように反映されるかなどを試してみました。

MacとiPadをシームレスに繋ぐユニバーサルコントロール

ユニバーサルコントロールはMacのキーボードやマウス、タッチパッドを使って、近くにあるMacやiPadを最大2台コントロールできる機能です。MacとiPadの連携だけがよく取り沙汰されますが、実はMacとMacの連携もできます。

MacとiPadの連携機能としてはほかにSidecarがありますが、SidecarはiPadが単にMacのサブモニターになる機能なのに対し、ユニバーサルコントロールはiPadをそのまま制御できる点が異なります。

このため、Sidecarの場合はMac内にないデータやアプリは利用できませんが、ユニバーサルコントロールの場合はiPad内にしかないデータやアプリも利用可能です。

反応速度はかなり良好、画像や動画のコピーも可能

このユニバーサルコントロールを実際に試してみました。

使い方は簡単です。まず準備として以下を実行します:

Mac: システム環境設定のディスプレイから「ユニバーサルコントロール」を選び、「カーソルとキーボードを近くにあるすべての Mac または iPad 間で移動することを許可」を有効にする

iPad: 設定アプリの一般の「AirPlayとHandoff」にある「カーソルとキーボード」をオンにする

そしてMacのシステム環境設定のディスプレイから、「キーボードとマウスをリンク」のなかにある対象のデバイスを選択するだけです。

No image

するとMacとiPadが接続されるので、ディスプレイの位置関係を調節したら完了です。

No image

試しにMacから画像をiPadにドラッグ&ドロップでコピーし、iPadからMacに画像をコピー&ペーストでコピーしてみました:

このように、テキストだけでなく画像のコピー&ペーストができ、ドラッグ&ドロップすら可能なのがユニバーサルコントロールの特徴です。動画にもあるとおり反応はかなり良好で、位置合わせをしっかりおこなえばシームレスな操作ができます。

ファイルサイズが大きい動画がコピーできるかについても実験してみました:

30MBを超えるファイルサイズの動画も問題なくコピーできました。

ファイルサイズやファイル容量の制限については不明ですが、かなり実用的な機能といえそうです。

高機能マウスやキーボードは使える?

以前、iPadで仕事がどれくらいできるのか実験した記事のなかで、iPadに高機能マウスやキーボードを接続すると、それらの機能の多くが使えることを紹介しました。

ではユニバーサルコントロールの場合どのような挙動になるか実験したところ、サードパーティー製の機器とApple純正品では挙動が異なることがわかりました。

機能が大きく制限されるサードパーティー製デバイス

まずマウスとしてロジクール製のMX ERGOを使用したところ、右クリックと左クリック以外は一切使えず、ホイールすら反応しません:

拡張されたボタンはともかく、ホイールが使えないのは致命的です。

また、Logicool Optionsというロジクール公式のユーティリティを使ってMission Controlをボタンに割り当てたところ、このボタンを押すとカーソルがiPad側にあってもMac側のMission Controlが開きました。

まだLogicool Optionsがユニバーサルコントロールに対応していないのが原因かもしれないと考え、ユーティリティがインストールされていないMicrosoft製のマウスを接続したところ、今度はデバイスの壁を越えたカーソルの移動ができないという現象が起きました。

この状態でもMX ERGOならデバイスの壁を越えられるので不具合かもしれません。

高機能キーボードについても状況は同じで、音量調整やMission Controlに割り当てられているキーを押すとMac側が反応します。

サードパーティー製のマウスとキーボードを使った場合、それらをiPadに直接接続したときと同じ挙動にはならないようです。

Apple製デバイスならシームレスに使える

Apple製デバイスなら状況が違う可能性があると考え、Magic Trackpadを試してみました。

Magic Trackpadの場合はスクロールはもちろん、ジェスチャーによる操作などフルにMagic Trackpadの機能が使えます:

Magic MouseやMagic Keyboardについては試せていませんが、同様にこれらのデバイスならユニバーサルコントロールで接続されたMacでも機能がフルに使えるのかもしれません。

スクリーンショットもデバイスの壁を越えられない

その他の制限として、Macのスクリーンショット機能もデバイスの壁を越えることができませんでした。

Macにはshift+cmd+4で範囲指定のスクリーンショットを撮る機能がありますが、残念ながらこの機能でiPad側の画面を指定することはできません。

shift+cmd+5で使えるウィンドウごとのスクリーンショットや動画撮影も同様です。

このため、iPad側のスクリーンショットをMacで利用したいなら、iPad側の機能でスクリーンショットを撮ってからコピー&ペースト等でMac側に移す必要があるでしょう。

ときどき動作が不安定になることも

ユニバーサルコントロールは現状、ベータ版として公開されています。

そのためか実験をおこなっている最中に突然接続が切れる、デバイスを越えたドラッグ&ドロップができないなど、動作が時折不安定になりました。

Apple自身も、

ベータソフトウェアは開発途上にあるため、一部の機能が想定通りに作用しない場合があります。iPad で Mac のデスクトップを拡張またはミラーリングしたい場合は、代わりに Sidecar をお使いください。

とユニバーサルコントロールの紹介サイトで述べています。

SidecarはSidecarで不安定な面がありますが、仕事など重要な作業で使うならユニバーサルコントロールは避けたほうがいいかもしれません。

ユニバーサルコントロールはどんなときに役に立つ?

ユニバーサルコントロールは、iPadをMacに接続したキーボードやマウスで使える機能です。

こう聞くと便利そうな機能なのですが、もともとMacとiPadはユニバーサルクリップボードで繋がっていてコピー&ペーストはシームレスですし、iCloudを使えばファイル共有も簡単です。

ではどういう時に役に立つか考えてみると、Macでの作業中にiPadにしかインストールされていないアプリを利用するときくらいでしょうか。

Macを操作していたのと同じキーボードとマウスで、iPadをそのまま操作できるからです。

ただ、ユニバーサルコントロールはiPadの画面をオフにすると接続が切れてしまうのが残念です。iPadの画面をつけたままにするというのは、バッテリー消費の面からあまり賢明とは言えないからです。

iPadの画面をつけると自動的に接続するようにもできますが、この場合MacとiPadが同時に起動していると常にユニバーサルコントロールで接続されてしまいます。

サードパーティー製キーボードの機能が制限されることもあり、筆者はユニバーサルコントロールは今のところ常用する気にならず、どちらかというとSidecarのほうが使いやすいと感じています。

常にMacとiPadを並べて使っている場合は、ユニバーサルコントロールは有益かもしれません。

ユニバーサルコントロールの今後の発展に期待

ユニバーサルコントロールは今のところベータ版に位置付けられています。

このため、今後さらに機能が増え、より多くのユーザーにとって手放せない機能になる可能性はあるでしょう。

差し当たって、サードパーティー製のキーボードやマウスの拡張機能をそれなりにiPad側で使えるようにして欲しいものです。

また、現在はSidecarとユニバーサルコントロールは排他式で使える仕組みになっていますが、Sidecar中にiPad側に通知が来たら自動的にユニバーサルコントロールに切り替えてくれると便利だと思います。

ユニバーサルコントロールは近いうちに公開が予定されているiPadOS15.5とmacOS 12.4で正式機能となる見込みです。

ちなみにユニバーサルコントロールに似た機能として、ロジクールの「Flow」という機能があり、こちらはMacとWindowsの間でカーソル操作やファイルのコピー&ペーストなどがおこなえます。

できればAppleとMicrosoft、さらにはGoogleが協力し、OSレベルでメーカーの壁を越えたユニバーサルコントロール機能を実装してくれるとありがたいのですが、さすがに実現性は低いかもしれません。

Source:Apple,Logicool
(ハウザー)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加