ローソンがコーヒー豆を発売 広報に「店舗で飲む味となにが違うの?」聞いた

ローソンがコーヒー豆を発売 広報に「店舗で飲む味となにが違うの?」聞いた

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/02/22
No image

ローソンの店内コーヒー販売サービス「マチカフェ」。16日、そんなマチカフェの味が自宅で楽しめる「ホットコーヒー用豆」(250g、税込900円)の販売が開始された。

さっそく、しらべぇ編集部ではレビュー。店舗で飲むコーヒーとの違いはどれくらいあるのだろうか。

画像をもっと見る

■店舗で豆を挽くことはできない

仕事の合間で、ちびちび飲むのに欠かせないコーヒー。コロナ禍でテレワークが普及した今、いちいちコンビニまで買いに行くのがめんどくさいという人も多いことだろう。記者もそのうちの一人なので、この商品が発売されると知ったときは思わず歓喜した。

さっそく店舗へ足を運んで、「ホットコーヒー用豆」を購入。ちなみに、店舗で豆を挽くことはできないので注意が必要だ。自宅にコーヒーミルがあることが必須条件である。

関連記事:コストコ「スタバのコーヒー豆」はお得なのか 本家とコスパを比較してみたら…

■豆を挽くと芳醇で香ばしい匂いが広がる

No image

パッケージを開けて豆と対面。コーヒーの香ばしい匂いがふわっと鼻を抜ける。皿に移して気が付いたが、250gは結構な量だ。だいたい豆10gでコーヒー1杯の換算なので、25杯作れる計算。店で25杯飲んだら2,500円と考えるとだいぶリーズナブル!

No image

コーヒーミルで豆を挽くと、粉が出来上がる。芳醇で香ばしい香りがさらに強くなった。

■いつもローソンで飲むあの味だった

No image

ペーパーフィルターでハンドドリップをすると、もうすぐ完成。ここまで10分がかかっていることもあってすぐにでも飲みたい気分だが、最高の1杯のためにここは我慢…。「美味しくなぁれ、美味しくなぁれ」と心で唱えながら、ゆっくりゆっくりエキスを落としていこう。

No image

完成したコーヒーはローソンで飲むいつもの味。記者にとって新鮮みがないが、そんな安定感が魅力なのだ。これが毎日自宅で飲めるのは嬉しいかぎりである。

■商品化の理由を広報に聞いてみると

なぜこの時期に、「ホットコーヒー用豆」を商品化することになったのだろうか。

ローソン広報部に詳しい話を聞いてみると、「お客様からも店舗の方からも要望が多く、ご自宅で過ごす機会が多くなり、ご自宅でもぜひローソンのマチカフェを味わっていただきたいと思い発売しました」と狙いを教えてくれた。

また、今後も店舗で豆を挽くサービスは行わない方針とのことなので、自宅でも飲みたいという人はコーヒーミルが必須。

一番気になるのが、店舗で飲むコーヒーとの違い。これについては、「ご家庭ではドリップ抽出で抽出される方が多いかと思いますので、店舗で淹れるエスプレッソ抽出と比較すると、軽やかですっきりとした味わいのコーヒーをお楽しみいただけるかと思います」との回答。

味の違いを楽しむのも、通な飲み方なのではないか。

・合わせて読みたい→モスバーガー、「カフェオレ」を「カフェラテ」に変更 何が違う?

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加