「車上荒らし」は保険適用される? 盗まれやすいものや対策しておきたいポイントとは

「車上荒らし」は保険適用される? 盗まれやすいものや対策しておきたいポイントとは

  • MOTA
  • 更新日:2021/10/14

クルマを所有する人にとって恐ろしいのは車上荒らしだろう。自動車窃盗発生件数は減少傾向にあるが、注意は必要だ。車上荒らしの手口から車上荒らしに遭わないための対策を考えてみたい。

No image

車両盗難のイメージ

エアロパーツやカーナビなど高額なものが盗まれやすい

まず車上荒らしの手口としては、大きく分けると窓ガラスを割って車内に侵入されたり、リレーアタックによって解錠し、室内のものを盗むという2つがある。

車上荒らしの主な犯行目的は、高額で売れるものを盗み出すことだ。実際に車上荒らしが狙うのはエアロパーツやタイヤホイール、ドアミラーなどと、カーオーディオやカーナビ、ETC車載器など車内外問わず金目のものが多いという。

No image

高価な車載物が盗まれる傾向にある

他にも短時間で盗めるものとして車内の小銭やゴルフ道具、小物類も対象となる。

窓ガラスを割って侵入、リレーアタックで解錠がメインの手口となる

車上荒らしは金目になるものを盗むためには手段を選ばないため、まず車を盗み、それから金になりそうなものを盗むといった大胆な手口を使うこともある。まずはその手口から紹介したい。

強化ガラスでも割って侵入されてしまうことも!

まずは窓ガラスを割って侵入するという手法。これは三角窓を割るのが主流となる。それほど大きな音を立てることもなく、ドアの鍵を開けるのにも便利なため都合が良い。

防犯のために強化ガラスが使われているものも多いが、完全に閉まっていない以上では強度も低くなり、叩くと割れてしまうため、強化ガラスでも安心できない。

リレーアタックは盗難にも使われる手段

次にリレーアタックだ。スマートキーは今やほぼすべてのクルマに搭載される機能となっているが、リレーアタックで狙われる原因にもなってしまう。

No image

スマートキーは多くのクルマに採用されている

まずスマートキーに近づき、受信用の装置で電波を受信。増幅させて別の仲間に送信することでスマートキーを電子的にコピーし、その電波を元に車両に近づくとセキュリティシステムを無効化し鍵が開いてしまう。

No image

盗難も簡単にできてしまうため、盗まれて解体され販売されたり、海外に輸出されるケースもある。

盗まれたものが対象になるかどうかも契約内容をみながら確認したい

車上荒らしにあった場合には、まず警察に通報して何が盗まれたのかを確認することが大切。車両はそのままにしておき、現場を保存しておくのも重要だ。また、車両保険に加入している場合には破損に対する保険金が支払われるため、加入しておいた方が良い。

パーツは車両の一部となり、カーナビなども対象となるが、ポータブルナビのような持ち運びができるものについては車両保険の保証対象外となるケースもある。

No image

カーナビも車両保険の対象になるものとならないものがあるため注意が必要

ほかにも「手持ち品特約」などを付帯している場合には車載物に対しても保険金が支払われることがあるが、アクセサリーや現金などは対象外となることも。契約内容を確認して申請しておきたい。

施錠の徹底や防犯カメラの下に置くことが対策になる!

最後に防犯対策について紹介しよう。

リレーアタック対策としてはイモビライザー搭載の車両を選ぶと良い。今やイモビライザーを搭載しているクルマがほとんどだが、中古車などを選ぶ際には注意が必要だ。

また、リレーアタックの対策としては微弱な電波を遮断することで防ぐことができる。スマートキーを金属容器に保管するだけでも防げるため、対策しておきたい。

No image

金属の容器に入れるだけでもリレーアタック対策になる

ほかにも車庫に防犯カメラを取り付けたり、防犯カメラが設置されている駐車場に停めるなど、万が一被害にあった場合のことを考えても有用な対策だ。

No image

駐車する場所の防犯対策もポイント

最後に、どれだけ短時間だとしてもクルマから離れる際には施錠を確実に行うこと。基本的なことだが、ちょっとした油断が犯罪につながってしまう可能性もある。

いつどこで狙われているかわからない車上荒らし。最悪の場合、クルマ自体が盗まれてしまうかもしれない恐ろしい犯罪だ。まずは狙われないよう、事前の対策が重要となるだろう。

【筆者:MOTA編集部】

MOTA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加