ロッテ、2位でも「M9」初点灯 佐々木朗が最速158キロ熱投で宮城との“同期”対決制す

ロッテ、2位でも「M9」初点灯 佐々木朗が最速158キロ熱投で宮城との“同期”対決制す

  • フルカウント
  • 更新日:2021/10/14
No image

オリックス戦に先発したロッテ・佐々木朗希【画像:パーソル パ・リーグTV】

佐々木朗希は6回5安打無失点で3勝目

■ロッテ 6ー1 オリックス(14日・京セラドーム)

ロッテが14日に京セラドームで行われたオリックス戦に勝利。先発した佐々木朗希投手の好投に打線もかみ合い、球団51年ぶりとなる優勝へのマジックナンバー「9」を初点灯させた。

初回から打線が12勝を挙げているオリックス先発・宮城を攻めた。1死一、二塁からレアードの左翼線二塁打で先制。続くエチェバリアは2点適時打で続き、3点を奪った。2回に中村奨、3回に藤岡の適時打でリードを広げ、宮城を5回でマウンドから引きずり下ろした。

首位・オリックスとの3連戦は2勝1分け。0.5ゲーム差の2位ながら、残り試合がオリックスより3試合多いため、ついに優勝マジックが灯った。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加