コロナ禍でも、CO2濃度は360万年で最高

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/04/09

新型コロナウイルスの影響で二酸化炭素の排出は減ったものの、大気中の二酸化炭素濃度が360万年で最も高かったことが分かりました。

NOAA(アメリカ海洋大気庁)の発表によりますと、去年の地球の表面上の二酸化炭素濃度は412.5PPMで過去360万年で最高だったということです。

去年は新型コロナウイルス対策で経済活動が控えられた影響で、二酸化炭素の排出量は前年に比べて7%減ったと試算されていますが、大気中の濃度は2.6PPM上昇しました。

また、二酸化炭素の約25倍の温室効果を持つメタンの濃度も14.7PPB増加し、観測されたなかで最も増えています。

コロナ禍で…ガーデニングやアウトドア用品が好調

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加