巨人、中田翔の逆転満塁弾で3連勝 5連敗から一転...大砲の2試合連発で再浮上

巨人、中田翔の逆転満塁弾で3連勝 5連敗から一転...大砲の2試合連発で再浮上

  • フルカウント
  • 更新日:2022/05/14
No image

チームを逆転勝利に導く満塁本塁打を放った巨人・中田翔【写真:荒川祐史】

中田の2試合連発は巨人移籍後初めて、5連敗から一転3連勝

■巨人 7ー6 中日(14日・東京ドーム)

巨人は14日、東京ドームでの中日戦に7-6で勝ち、3連勝を飾った。序盤からビハインドの展開だったが、7回に中田翔内野手の満塁本塁打で一気に逆転。苦しんできた大砲の2試合連続4号で試合をひっくり返し、5カードぶりの勝ち越しも決めた。

中日先発の高橋宏の前に、5回まで無得点。6回にポランコの適時打などで2点を返し、3点差で迎えた7回だった。中日の3番手はここまで11試合無失点だった祖父江。1死から連打で一、二塁のチャンスを作ると、ポランコの左翼への適時二塁打で2点差に。本拠地が押せ押せムードの中、試合を決めたのは衝撃的な一発だった。

岡本和は申告敬遠となり、1死満塁に。3球目にきたど真ん中のスライダーを中田は逃さず、弾丸ライナーで左翼スタンドにぶち込んだ。2試合連発は巨人移籍後初。チームは5日から5連敗を喫して首位から陥落したが、12日からは一転して3連勝。その中心には、間違いなく中田がいる。

中日は、粘投を見せていた高橋宏が6回に押し出し四球を出してから展開が一変。9回に相手ボークで1点差に迫ったが、力及ばず。立浪監督の継投が裏目に出た形で、巨人とは対照的に3連敗となった(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加