「タタールスタンの農業省の建物には...巨大な鉄の木がある!」称賛されていたクールなデザイン

「タタールスタンの農業省の建物には...巨大な鉄の木がある!」称賛されていたクールなデザイン

  • らばQ
  • 更新日:2021/01/15
No image

タタールスタンはロシア連邦の中央に位置する378万人の共和国。1992年には主権宣言を行っています。

その首都カザンの農業省の建物は、巨大な鉄の木が飾られていることで知られています。

This is a giant iron tree built into the side of the Russian Ministry of Agriculturefromr/interestingasfuck

見上げるほどの巨木!

鉄とは思えないほどのリアルな質感ですが、農業省にふさわしい外観をしていますね。

Ministry of Agriculture, Tatarstan - YouTube

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●ロシアと説明されているけど、実際はタタールスタン共和国の農業省だよ。ロシア連邦ではあるけれどローカル。

↑そう、カザン市。美しいところだよ。

●自分にとって信じられないことは、この建物が建てられたのは2000年以降だということ。

↑2010年に完成だね、予想もつかなかったよ。

●真に最も美しいビルの正面だと思う。

●窓の上に鉄のカーテンがあるみたいなものだな。

●すばらしい。

●これはカッコいい。この建物のデザインが気に入った。

↑同じことを思った、木もいいけど後ろのドームが最高さ。

●こういうすばらしい建物をもっと建てて欲しい。すばらしい銅像、広場、建物などね。いろいろな仕事や市民のインスピレーションなどを生じさせると思う。

●なんてこった。ロシアにはすごいアーティストがいるな。地下鉄や政府の建物などもね。

●とてもロマネスクな感じ。

●木から鉄が生えてくるとは知らなかった。

●近代的な建物には全く見えないね。

新しい建物ながら、伝統的なデザインと現代の技術が融合していますね。

【「タタールスタンの農業省の建物には…巨大な鉄の木がある!」称賛されていたクールなデザイン】を全て見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加