【SDGs】大人なバナナがフードロスの未来を救う

【SDGs】大人なバナナがフードロスの未来を救う

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/11/21
No image

動画を見る(元記事へ)

“バナナといえば黄色”というイメージはありませんか?
でも、時間が経つと茶色くなり、店頭に並ぶことなく捨てられてしまうことも多いそう。
そんなバナナを救うため北本真唯さん、北川桃子さん、中臺千智さんの3人は「大人なバナナプロジェクト」を立ち上げました。
“茶色=熟れて甘い”ことから『大人なバナナ』と名付け、ケーキやジュースに生まれ変わらせてその魅力を発信しています。まずは身の丈に合った、ちょっとしたアイデアから。彼女たちの思い描く未来とは?

2030年までに、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標「SDGs」。
貧困や男女差別、環境問題など、横たわる様々な課題をどう解決していくのか…
理想を実現するためには、ひとりひとりが考え、行動することが重要です。

くらしを未来へ紡ぐ“はじめの一歩”を実践している人たちに注目。
ありのままの行動、飾らない言葉から気付くこと…「きっかけは私たちの身近にある」。
誰もが実践できて、誰もが笑顔になれる。
そのちょっとした一歩を踏み出せば、未来は変わるかも…?

(2020年11月21日放送 『しあわせのたね。』より)
毎週土曜 午前9時55分放送  ※一部地域を除く

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加