バルサやユーヴェから関心も...デパイはEUROへ照準「今の仕事は良い準備をすること」

バルサやユーヴェから関心も...デパイはEUROへ照準「今の仕事は良い準備をすること」

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/06/11
No image

オランダ代表のデパイ [写真]=Getty Images

リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイが自身の将来に言及した。10日付けでスペイン紙『マルカ』が報じている。

今シーズン終了時点でリヨンとの契約を満了するデパイに対しては、同胞のロナルド・クーマン監督が率いるバルセロナを筆頭に、ユヴェントスや他のクラブへ移籍する可能性が報じられている。しかし、EURO2020にオランダ代表の“10番”として臨むデパイは取材に応じた際、「今の僕の仕事は欧州選手権に向けて良い準備をすることであり、それ以上のことはない。他のことは全く気にしていないよ」とコメント。不透明な将来への明言を避けた。

現在27歳のデパイは2017年にマンチェスター・Uからリヨンへ移籍すると、チームの中心選手として活躍。2020-21のリーグ・アンでは37試合に出場し20ゴール12アシストという数字を残しており、フリーで移籍できる今夏はその去就により一層の注目が集まっている。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加