ヘビに噛まれ治療を受けたチンパンジー 代理母と再会の様子に感動

ヘビに噛まれ治療を受けたチンパンジー 代理母と再会の様子に感動

  • NewSphere
  • 更新日:2023/09/19
No image

霊長類のなかで、人間に最も近いと言われているチンパンジー。

【動画】感動的な再会を果たすチンパンジー

生活スタイルや仕草、立ち振る舞いだけでなく、感情の面でも私たち人間と似通っているのでしょう。

オーストラリアのクイーンズランドにある『ロックハンプトン動物園』で2023年9月6日、2頭のチンパンジーが見せた「親子愛」が注目を集めています。

治療を終えたチンパンジーの再会に感動

チンパンジーはメスのサマンサと、3歳のガンダリくん。

ガンダリくんは前日ヘビに噛まれてしまい、獣医による手当のため、園内にある治療室で一晩過ごしていました。

その間、サマンサとは離ればなれに。翌日、2頭が再会する時の様子が動画で公開されました。

おりの奥にいるのは、治療が終わったガンダリくん。おりが開くのを、サマンサは今か今かと待っているようです。

そして扉が開いた瞬間、彼女はガンダリくんの元へ駆け寄り抱きしめると、急いでおりの外へ。

そのまま2頭は長いキスをして、お互い離れようとしません。

その後、辺りをキョロキョロ見回し、安全を確認したのでしょう。

サマンサはガンダリくんを自身にしがみ付かせたまま、場所を移動しました。

なおサマンサにとってガンダリくんは実の息子ではなく、代理母として日頃から面倒を見ているそうです。

これには世間からも「まるで本物の親子。2頭の愛に感動した」「チンパンジーって、こんなにも愛情深い生き物なんだね」「動物も人間となんら変わらない」などと、2頭の絆に感動する人が続出しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加