新人王は巨人大勢と西武水上由伸...大勢は得票率70%で阪神湯浅に大差

新人王は巨人大勢と西武水上由伸...大勢は得票率70%で阪神湯浅に大差

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/11/25
No image

◆NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD

タイトルホルダーや最優秀選手、最優秀新人といった今シーズン活躍した選手たちをたたえる表彰式「NPB AWARDS」が25日、都内で開かれ、巨人の大勢投手(23)がセ・リーグ新人王に選出された。

大勢は1年目の今季57登板で1勝3敗37セーブ、防御率2・05。37セーブは新人最多タイ記録だった。

新人王投票では総数299票のうち約70%となる209票を獲得。74票で2位の阪神・湯浅に大差をつけた。なお、ヤクルト・長岡に7票、中日・高橋宏に6票、ヤクルト・木沢、阪神・西純、巨人・平内に1票ずつ入った。

パ・リーグは西武の水上由伸投手(24)が177票獲得し受賞。今季は60登板で4勝4敗31ホールド、防御率1・77。35ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手賞のタイトルを獲得した。

パの新人王投票2位はオリックス・阿部の58票。3位はソフトバンク・大関の10票。以下、ロッテ・松川に7票、日本ハム・上川畑に5票、ソフトバンク・野村、柳町に3票、楽天・宮森に2票、該当者なしが2票だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加