「天までとどけ」四男、“父”を追悼「1年で2回も同じ投稿をするとは」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/01/15

俳優、綿引勝彦さんが昨年12月30日午後0時54分に膵臓がんのため、都内の病院で亡くなっていたことが13日、分かった。75歳。

TBS系ドラマ「天までとどけ」で四男・五郎を演じた俳優、須藤公一(43)が13日、ツイッターで“父”を追悼。綿引さん、岡江久美子さんをはじめ一家を演じた共演者たちと番組終了後も定期的に会っていただけに、「1年で2回も同じ投稿をするとは思いませんでしたよ。お父さん、お母さん。。。みんなの願い みんなの幸せ 天までとどけ」と祈りを込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加