“おいしい”だけじゃない“食”がテーマのドキュメンタリー&リアリティ番組

“おいしい”だけじゃない“食”がテーマのドキュメンタリー&リアリティ番組

  • シネマカフェ
  • 更新日:2020/11/20
No image

「ザ・シェフ・ショー ~だから料理は楽しい!~」 (C) Netflixにて配信中

もっと画像を見る
シネマカフェでは11月、「映画とごはん」と題して、ごはんが魅力的に登場する映画や、食にまつわる作品を紹介している。そこで今回は、「Netflix」や「Amazon Prime Video」でいますぐ観られる、“食”をテーマにしたオススメ作品をピックアップ。

旅行もしたくなる「ストリート・グルメを求めて: アジア」

【Netflixにて視聴可能】

ストリートフードである“屋台料理”と、料理作りに情熱を注ぐ人々を映し出すドキュメンタリー作品。台湾、韓国、ベトナム、日本などアジア9か国それぞれの物語が各話約30分ほどの映像に収められており、訪れたくなるような内容となっている。

また、同作のラテンアメリカ編も配信中。ラテンアメリカの料理人たちが作る素朴な一皿に秘められた物語を追っていく。

人気俳優もゲスト出演!「ザ・シェフ・ショー ~だから料理は楽しい!~」

【Netflixにて視聴可能】

現在、4シリーズまで配信中の食の世界を探求するリアリティ番組。ジョン・ファヴロー監督がホストを務め、監督とシェフのロイ・チョイ、そしてゲスト共に料理を楽しむ。

『アベンジャーズ』シリーズのロバート・ダウニー・Jrやトム・ホランドがゲスト出演したり、映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』のレシピを再現するなど、映画ファンにとってうれしい要素も多い番組だ。

エミー賞ノミネート作「アグリー・デリシャス: 極上の"食"物語」

【Netflixにて視聴可能】

有名シェフのデイビッド・チャンが案内役を務め、様々な食を探求するドキュメンタリー作品。エピソードを通してその食の歴史も知ることができる、美味しい発見も。

シーズン2まで配信されており、シーズン1の「最高のピザとは」では、チャンとコメディアンのアジズ・アンサリが、中目黒の老舗ピザ屋・聖林館を訪れている。シーズン1のエピソード6「フライドチキンが背負うもの」も必見。

本当のおいしさとは――アカデミー賞ノミネート『フード・インク』

【Amazon Prime Videoにて視聴可能】

2011年に日本でも劇場公開された、アメリカでの食の考え方に一石を投じたと言われるフードドキュメンタリー『フード・インク』。

スーパーに並ぶお手頃価格の食品とオーガニックフードの違い、スーパーの食品の70%で使用されているという遺伝子組み換え食品の実態、家畜を“モノ”として大量生産するシステム…など、“食にまつわる危険な真実”を描いた本作は、アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネート。本国で大ヒットを記録した。

築地市場に密着『TSUKIJI WONDERLAND (築地ワンダーランド)』

【Amazon Prime Videoにて視聴可能】

築地市場で働く人々を捉えたドキュメンタリー作品。常に日本の食文化を支え続けてきた築地市場。初めての長期密着撮影を敢行し、築地で働くプロをはじめ総勢150人に取材し、食の最前線を支える築地でいったい何が起きているのか、これまで誰も踏み込むことができなかったその舞台裏に迫る。

「アメリカンバーベキュー最強決戦!」

【Netflixにて視聴可能】

全米から集まった8人のバーベキューの達人たちが、バーベキューチャンピオンの称号を目指し、さまざまな課題に挑むリアリティ番組。

リブやサンドイッチなど、審査員から言い渡される各課題に対しこだわりの火加減やスモーク加減で勝負を繰り広げる。牛肉・豚肉のほかアライグマなど野生動物を調理することも! 個性あふれる出場者たち、課題の途中で言い渡される追加課題に限られた時間でどう対応するのか、そして回を重ねていくごとに出場者間に芽生える友情…など見どころ多数。見終わる頃には肉にかぶりつきたくなること間違いなし!

cinemacafe.net

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加