岸田首相が米国下院議長と朝食会合、中国の軍事訓練に懸念を表明=韓国報道

岸田首相が米国下院議長と朝食会合、中国の軍事訓練に懸念を表明=韓国報道

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/08/06
No image

岸田首相が米国下院議長と朝食会合、中国の軍事訓練に懸念を表明=韓国報道(画像提供:wowkorea)

岸田文雄首相が米国下院のナンシー・ペロシ議長に会い、台湾近くで行われている中国の大規模軍事演習に対して懸念を示した。

5日付の日本経済新聞や朝日新聞などによると、ペロシ議長と岸田首相は5日午前に首相官邸で朝食会を開き、4日から続いている中国の台湾近隣での軍事演習をはじめ、日米同盟、「自由で開かれたインド太平洋」の戦略、北朝鮮の非核化問題、ロシアによるウクライナ侵攻、「核兵器のない世界」の実現に向けた取り組みなどさまざまな安保懸案について1時間ほど意見を交換した。

朝食会には日本側からは木原誠二官房副長官や中谷元首相補佐官らが、米国側からはエマニュエル駐日米国大使らが参加した。

岸田首相は会談後に記者団と会った席で、中国の軍事訓練に関して「ペロシ議長に日本の安全保障と国民の安全に関する重大な問題だという意見を伝え、台湾海峡の平和と安定維持のために両国が緊密に連携していく方針を確認した」と述べた。

また、中国の弾道ミサイル5発が日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したという点を指摘し、「(中国の軍事訓練は)地域および国際社会の平和と安定に深刻な影響を及ぼす。中国に対する強い非難と抗議とともに直ちに軍事訓練を中断することを促した」と伝えた。

続いて「日米同盟の抑止力強化と自由で開かれたインド太平洋の実現のために、ペロシ議長のリーダーシップと米議会の支援を期待している」と付け加えた。

4日夜に韓国を発って日本に到着したペロシ議長は、5日午後に衆議院の細田博之議長と面談するなどの日程を消化した後、帰国の途につく予定だ。これに先立ち、ペロシ議長は今月1日のシンガポールを皮切りに、マレーシア、台湾、韓国を相次いで訪問した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加